清流の妖精、梅花藻を愛でに醒ヶ井へ。

むっしあっつーーーーーーっ(><)
ただ今大阪駅開発プロジェクト進行中にて、駅北側が塞がれています。
そのせいで、ホームにはそよとも風が吹かず、蒸し暑い事この上なし!
まだ6月だと言うのに、扇子が手放せない今日この頃です・・・

さて、まだまだ花撮影は続きますよ~(笑)
この時三室戸寺に紫陽花を見に行った帰り(か、帰り?!)の事。
京都の南の端と、滋賀県の北東、もうちょっとで岐阜県と言う場所を
午前と午後でセットにしちゃう自分が恐ろしいですが(^^;;)
とにかく行ってきました滋賀県は醒ヶ井。
この方も既に訪問されたこの街は、滋賀県でも有数の銘水どころです。
その清らかな水を利用しての、ニジマスの養殖場が有名ですが、
もうひとつ有名なのが夏の風物詩、梅花藻なのです(^^)

お目当ては、JR醒ヶ井駅を降りてすぐの所に広がる静かな集落。
家々の前を、さやさやと涼しげな音を立てて地蔵川が流れています。
どの家も、生活用水として、またこんな風に庭の一部として、
その清流を上手く利用しておられるのです。
f0085185_21271354.jpg


地蔵川の水面を覗いて見ると、澄んだ水がゆるやかに流れているのが分かります(^^)
f0085185_2130374.jpg

これは梅花藻の葉っぱですね。 ゆらゆらと流れになびいている風情、見ていて飽きません。

じっと目を凝らして見ると・・・見つけました、これが梅花藻の花です!
f0085185_21314431.jpg


水辺に咲いて?いたヒゲヒゲの花。 これも何だか涼しげ~♪
f0085185_21335712.jpg


それでは梅花藻にもっと寄ってみましょう(^^)
f0085185_21344078.jpg


川面に降りて屈み、水面ギリギリを狙って。
f0085185_21355644.jpg

うーん、まだダメ(><)

お嫁に行けななくなるくらい、べったり這いつくばらんばかりになってみたもの・・・
f0085185_21381151.jpg

殆ど水中に咲いているこの花には、秘密兵器マクロレンズを装着してもこれ以上は寄れません(^^;;)

諦めて目を上にやってみると、ほの暗い水辺jに咲くガクアジサイ。
しっとりと風情がありますね(^^)
f0085185_2141272.jpg


水面に映る松葉ぼたんとユキノシタがゆらゆらと揺らいで、えも言われず涼しげ~♪
f0085185_21425985.jpg


地元出身の儒学者、雨森芳州の歌碑を発見!
f0085185_21443634.jpg

わが社の前営業部長、A氏(イニシャルにする意味なし?)はこの芳州の子孫とか。

紫陽花と同じくらいマクロ映えするビヨウヤナギを発見!
f0085185_2146381.jpg

繊細で長いまつげは、ランコムのマスカラ3度塗りか?!

柏葉アジサイを植えているお宅が沢山ありました。
ここはお醤油屋さん。
f0085185_21482052.jpg

親切な標識が出ていました(^^)
このまま歩いて行けば花のお江戸なのですね~♪

清流の妖精、梅花藻ちゃんをもっと見たい!と言う方は、
もう一つのブログ「おでかけKiss」へGO!




この時菖蒲を見に行った新旭風車村。
その帰りに頂いたスィーツなんぞをご披露しちゃいましょ♪

寄ったお店はお気に入りの「和カフェ イオリ」
和菓子の老舗、笹屋伊織さんプロデュースのカフェです。

和カフェとは思えない、モノトーンのクールなインテリアが素敵です(^^)
f0085185_220478.jpg


「黒蜜きな粉パフェ」に激しくそそられたのですが、それよりもやっぱりセットものに惹かれてしまい、
頼んだのはこちら、抹茶パフェのハーフとあんみつのセットです♪
f0085185_221533.jpg

トレイには、お店のスタッフからの季節のメッセージが添えられます(^^)

抹茶パフェ、ハーフとは言うものの実際は普通サイズの三分の二程度はあります。
f0085185_2232877.jpg


あんみつは、何たって寒天が美味しいのです♪
f0085185_2251210.jpg

出来たてやわやわの白玉もたまりません(^^)

京都のど真ん中にありながら、土曜日の昼下がりでも何故か空いているこのお店。
教えたくない穴場であります(笑)
[PR]
by k_dino51 | 2009-06-29 22:07 | 四季折々