タグ:ディナー ( 17 ) タグの人気記事

今日から4月!早いですねえ、もう今年も四分の一が終わっちゃったんですねぇ。
そして今日から真新しいスーツに身を包んだ社会人一年生が
駅に、電車内に、そしてオフィス街に大量発生するんですね・・・
わが社にも一名来る事になっているのですが、さてどうなりますやら?!

さ、本日は久々の外飲み記事です(^^)

2月にKちゃんと行ってきたのは、「なにわフレンチびぎん」。
美味しくて気取らないフレンチが、お箸と和食器で楽しめるゴキゲンなお店です♪
いつもマスタ(マスターでもなくシェフでもなく、マスタと呼ぶらしい)のブログを見て、
食材や新メニュー開発の様子などを見ていたので、とっても楽しみな訪問でした(^^)

まずお店に入ってマスタを見てびっくり(@@) ブログから想像してたのと全然違う・・・
あ、どう違うのかは、どうぞお店に行ってみてくださいね(笑)

さて、お店はカウンターのみのでとってもカジュアルな感じ。
ホワイトボードにおススメ料理がずらりとならんでいます(^^)

まずはヴィオニエで乾杯!
f0085185_637388.jpg

シェリーグラスのようなワイングラスの形が面白いですね~♪

蕪のサラダをつつきながら、何にしようかKちゃんと相談し、まず選んだのは
名物の「「テート・ド・フロマーニュ」、つまり豚の頭のゼリー寄せです(^^)
f0085185_6373046.jpg

こりこりぷるぷると食感も楽しい~♪

お次は「明石蛸のサラダ」です(^^)
f0085185_638016.jpg

どうです、このお皿からはみ出んばかり、いやはみ出た盛り付け!
ぷりぷりの明石蛸も美味しかったけど、特筆すべきはこのドレッシングです。
アリオリソースと酢味噌を合わせたような風味がとっても美味しくて感動~♪
その後早速お家でマネッコしてみたんですが、再現には至らずでした、うぐぐ・・

露地野菜のオムレツ。
f0085185_6382196.jpg

トルティージャのような分厚いのを想像していたら、ふんわりとしたフリッタータでした。
ごろごろと大きめの野菜がたっぷりです(^^)

さ、そろそろワインを赤に変えて、メインに備えますか!
f0085185_6383989.jpg

メインは蝦夷鹿の赤ワイン煮込みにしました(^^)
f0085185_639580.jpg

うぉーん、すごいボリューム!
しっかりと煮込まれた蝦夷鹿は全く癖がなく、赤身のうまみを堪能できました。
ちょっと塩がキツ目だったのは、ジビエだからか、それともワインを飲ませよう作戦か(笑)

看板メニューの「自家製パンチェッタと生麺、初玉子を使ったカルボナーラ」。
f0085185_6393262.jpg

おほほーっ!このクリーミーなソース、たまりませんね!
タマラーにはたまらん画像もどうぞ♪
f0085185_6395380.jpg

濃厚なんだけど後味はスッキリ。 もっちり生麺も美味しかった~!

もう少しずつワインが残っていたので、チーズ盛り合わせで〆。
f0085185_6401295.jpg

マスタとお話できなかったのは残念でしたが、どれも美味しくて大満足。
ご馳走様でした~(^^)

まだまだ夜は長いよ~(笑)
[PR]
by k_dino51 | 2009-04-01 05:34 | 外飲み
さー、今日は前説(笑)ナシでいってみよー!

むらはたで瀬戸朝香、いやせとかを堪能した二人。
お次は腹ごなしのショッピングゥ♪
とは言え夜のミッション(何と予約は開店と同時の17:00!)の時間も迫っており、
そうのんびりともしていられません。
ますます酷くなる雨の中、向かったのは「くらふと&ぎゃらりーOKURA」さん。
その名の通り、白壁の土蔵を利用して作られたギャラリーの中には、
金沢の作家さんの作品が所狭しと並んでいます(^^)
基本的には土ものが好きですが、こちらは特に磁器ものが充実。
その中でも磁器とは思えないぽってりと温かみのある染付に惹かれて、
ミニサイズでぐい吞みにもピッタリな蕎麦猪口と、中鉢を一つ購入しました(^^)
戦利品はまた後ほどご披露いたしますね♪

さて、お買い物は終わったけれど、せとかパフェがボディブローのように効いてきて
お腹が・・・全く減りません(涙)
これでは夜のお楽しみが半減する、エライコッチャ!
胃にスペースを空けるためジャイアント白田さんのマネをして、ちょっとジャンプしたりして(笑)
その甲斐あって、ようやくコバラが空いてきたところで目的地・・・の手前のファッションビルに到着。
裏だから通り抜ければいいよね~、と中に入ると可愛いワンピースが目に入りました。
何と値段は1,000円、しかし素材はウールが70%と悪くない感じで、
下にデニムを合わせれば結構いいかも?!と思ったんですが、
冷静に考えればそのお店のターゲットは10代。 幾らなんでもX0代(爆)のワタシにはねぇ(^^;;)
そんな寄り道をしつつ、しかもビルを出てすぐ裏だと言うのに迷いまくりつつも、
やっと到着いたしましたのは憧れの「割烹勝一」~♪

開店直後ですから、もちろん一番乗り。

カウンターの中央に陣取って、まずはかんぱぁーい♪
f0085185_22112596.jpg


コースにしようか迷ったけれど、今回はアラカルトでお願いしました(^^)

目にも鮮やかな九谷のお皿に盛られた前菜。
f0085185_22144665.jpg

蟹と生クリームの葛寄せ、鴨の押し寿司、鱈子のトマト煮、でした。
葛寄せはねっとりとクリーミー、鱈子のトマト煮は斬新!これお家でマネッコ決定!

こりゃビールじゃないよねー!とすかさず「吉田蔵 純米」をば(^^)

ドドンとお造り盛り合わせ。
f0085185_22183370.jpg

杉の皮?をそのまま利用した器がまたステキ♪
絶対入れてね~とお願いしたとり貝を初め、寒鰤、メジマグロ、甘エビなどなど。
マグロも鰤も脂ノリノリ、白身もイカも、どれも甘くておいちぃぃぃーー!

絶対食べたかった鴨の治部煮。
f0085185_22234780.jpg

えもいわれぬカツオだしのいい香り、そして葛を打ってある鴨肉はつるりと滑らかで、
何とも言えない旨味があります(^^) 生麩もうんまー!雨で冷え切った身体もこれでポカポカ♪

白エビの天ぷら。
f0085185_22242149.jpg

実は白エビはこの後訪れる富山の名物だけど、それまで待てず、思わずオーダー(笑)

冬の金沢と言えばこれもハズせませんよねー、なノドグロちゃん♪
f0085185_2227144.jpg

キャー、脂ノリノリッ! しかもバリッ!と焼けてて皮がまたウマい! 

蓮蒸し。
f0085185_2228230.jpg

もーーーっちりと蒸しあがった加賀蓮根。 これまた美味でございます~!

このあたりでお隣のカップル(コース注文)の蟹てんこ盛りが登場。
うっ、コースもよかったかもねぇ、と蟹山に釘づけになるKちゃんとワタシでしたが、
隣の二人はそんな目線をモノともせず、この後小一時間、無言で蟹と格闘です(笑)

そしてこのあたりで団体さん登場~!
若旦那はご自分のブログ用(笑)にお料理を撮影しておられました。 その模様はコチラ

さ、話がそれましたが次行ってみましょう。

これまた次の富山の名産ですが、二人とも大大大好物のホタルイカ黒作り。
f0085185_2232671.jpg

ちゅるんとした舌触り、ワタのうま味、そして柚子の香り。 
二人ともお歯黒になりつつ、盃を重ねまくりのお箸伸びまくり(笑)

そして加賀名物その2?3?かぶら寿司~♪
f0085185_22334935.jpg

実は以前デパートの金沢物産展で一度買ったことがあるんですが、
その時は「ん?」と今一つ好きになれなかったかぶら寿司。
しかし本場で食べてみたらめちゃウマー!(慌てて齧ってしまった後の画像でスンマセン)
甘みと酸味のえもいわれぬ調和、こりゃもうたまりません。 お酒がぐいぐい進みます!

しかし流石の我々もこのあたりでギブ(笑)
常きげん、池月と来た日本酒も回りまくりで、そろそろお暇することに。
ご馳走様でした~!

え?こんだけ?と思うでしょ? んなわけないですよねー(^^)

と言う事で二軒目です(爆)

さすがにお腹が一杯なので、二軒目はおでん(え?)
有名な「赤玉本店」で、大阪では食べられないおでんダネ限定食べです♪

まずは乾杯から。
f0085185_22391032.jpg

にごり酒は、甘くはなかったけどマッコリのようにドローン、ちょっと苦手タイプでした(^^;;)

吉田類さんではありませんが(笑)居酒屋と言えば牛スジ煮込み~!
f0085185_22415219.jpg

え?そんなもん大阪にもあるだろうって? た、確かに(汗)

今度こそ金沢ダネをば。
f0085185_22424884.jpg

車麩と、バイ貝。 これは大阪じゃ見ませんよね?

ほんでもって〆鯖。
f0085185_22433369.jpg

これも大阪にある? す、すいません・・・大阪のと食べ比べしたかったもんで(^^;;)
うーん、締まり過ぎるほど締まってますが、これはこれで好きなのよね~♪

記憶にはないが記録にはある(爆)このスィーツは何?!
f0085185_22454837.jpg

どう見ても小倉黒ゴマアイスとお見受けいたします(笑)

ふぅーー!お腹いっぱい(だったんだと思う)ご馳走様。
よー飲んだ、よー食べたのでそろそろホテルへ・・・んなわけないじゃん(爆)

ふたりでしっぽり。
[PR]
by k_dino51 | 2009-03-16 22:06 | 旅行
地獄のような夢のような東京グル旅第一日。
何とかミッションを終えてバタンキューしたのが3時半。
翌日のアテンドは、毎度おなじみのスペイン大好きっ娘maquiちゃんです(^^)

実は彼女、大阪から東京へ移り住んでもう10年以上になるんですが、
いまだに築地へ行ったことがないらしいんです。
で、東京へ来るたびに築地でお寿司を食べているワタシを見て、
「ワタシも行ってみたい」、と。
と言う事で、今回は二人して築地でお寿司ブランチをすることにしていたのですが・・・

げふっ、うぐっ、うっぷ、と言ううめき声と共に目覚めたのは7時。
当然寝ている間は胃も寝ていた(と言うかのた打ち回って苦しんでいた?!)為、
つい数時間前までに押し込まれた食物は一向に消化されておりません。
しかも、血中アルコール濃度は相当なものと思われる拍動の速さ。
このまま暑いシャワーなんぞ浴びたら、脳の血管がプチッ!と行くのでは?!
てな恐怖に慄きながらも、とにかく長旅と長食べ(笑)の汗をさっぱりと洗い流し、
フラフラしながらお着換え・・・ああ、片足立ちができない(;;)
しかし待ち合わせの8時は刻一刻と近づいています、もうだめか?!
と、思ったその時、maquiちゃんから「待ち合わせ、9時に変更してー」との救いのメール。
ああ、ありがとう・・・
ジャイアント白田よろしくジャンプして胃の中に隙間を作ろうか?!と思う位の状態から、
さすがにやや落ち着いて水くらいは飲めそうな所まで回復。
後は築地に着くまでの2時間ほどで何とかなるさ!と言う事でしゅっぱーつ!(超楽天的)

maquiちゃんと落ち合って、地下鉄を乗り継いで築地へ。
地上に上がるや否や、勝手知ったる魚がし横丁を目指して一直線~!

今回選んだのは、一昨年ゆっきーさんのおすすめで行った「すし処おかめ」。

前回行った「大和寿司」は、行列がものすごい上に接客態度が今一つ。
しかもブロガー泣かせの「写真撮影お断り」店だったんでもういいやと。
そんなわけで、今回は新しいお店にしようかと思ったけど、
HPを見てmaquiちゃんが選んだのは奇しくも「おかめ」でした(^^)
f0085185_21522949.jpg

観光地らしく、メニューは写真付きで表に貼り出されています。
f0085185_2152455.jpg

全然お腹が減ってないくせに、つい一番ボリューミーな、「おまかせにぎり」を(^^;;)

まずは儀式から。 
f0085185_2153810.jpg

ぐびーっ!ぷはぁっ!げふっ!(笑)

付きだしは、東京名物?甘い玉子焼き。
f0085185_21543159.jpg

初めて食べた時はゲゲッ!と思ったけど、食べ慣れるとそれなりに美味しい♪

ではお寿司行ってみましょうか?!
f0085185_21545190.jpg

赤身、大トロ、カンパチかシマアジか、聞き忘れ(食べても分からない味オンチとも言う)。
ローズから淡いピンクに向かうグラデーションが綺麗です。
f0085185_21561182.jpg

やっぱ大トロウマーイ!
f0085185_2157812.jpg

外国からのお客さんもかなり多いようですね(^^;;)

烏賊には、梅肉をチョコンと乗せてありました。 
f0085185_21581550.jpg

ぷりっとしてウマー♪

貝柱、えび、ヨコワ?秋刀魚。
f0085185_21585926.jpg

貝柱ぷりぷりで美味しかった~♪ もちろん秋刀魚も脂ノリノリ。

ウニ軍艦巻きと・・・となりはさっきの烏賊。
f0085185_21595483.jpg

鉄火巻き~は手ぶれでブレブレ(涙)

怪獣みたいなこれは何でしょう? 
f0085185_2214950.jpg

なんと、穴子でした!
前回行った時は普通に身の方が上になってたんですが、職人さんが変わったのかしらん。
何だか歯にささりそうですが(笑)意外と気にならず、ふんわり柔らかウマー!でした(^^)

鮭のアラ汁。
f0085185_2224862.jpg

ここで、お好きなもの追加2貫どうぞと言う事で、大トロと鯖を頂きました(^^)
f0085185_2233951.jpg

はぁーっ!もう、お腹の皮が伸びて薄くなってる感じです。
しかしこの状態で、美味しく完食した自分を褒めるべきか、殴るべきか(爆)

さすがに二人ともお腹をさすりつつ、次なるミッションの地、東京ミッドタウンへ。
目指すは前回テイクアウトのみで涙をのんだ、トシヨロイヅカです。
11時過ぎに予約を入れて、取れたのが12:40からの案内の席。
以前に比べれば、かなり込み具合は緩和されたようです・・・

予約の時間まで腹ごなし暇つぶしにミッドタウン内をぶらぶらしつつ、
maquiちゃんと会うとお約束になっている「道行く人々ファッションチェック」。
実はワタシが元大手アパレル社員、彼女は現外資系アパレル社員というわけで、
ファッション(特に人の!)にはちょっとウルサいのです(笑)
しかも二人とも好みが似ていて、「あれはアカンやろー!」と言う場合も
「あの人イケてるっ!」と言う場合も、ほぼ意見が一致。
と言う事で、高級時計店前の革張りソファに陣取って、チェックしまくりました。
「何であのニットにあの靴?!」「あのバッグありえへん!」「季節感ゼロ!」など、
自分の事は棚に上げて(いや、maquiちゃんはご本人も超オサレで完璧ですが)
言いたい放題のこのひと時がたまらなく楽しいのであります(性格悪すぎ?!)
やれと言われれば一日中これだけで楽しめる二人ですが、そうこうする内時間切れ。
トシヨロイヅカへ向かいます。
あ、ちなみにミッドタウン内では、「イケてる!」はゼロでした(爆)

お店の前のテーブルセットに座り、予約時間まで数分待った後、
案内されたオープンキッチンのデザートサロンは、シックなインテリアでいい感じ。
大理石のカウンターがひんやりとして気持ちいい~♪

さんざん迷った挙句、maquiちゃんが選んだのは「シュー・ゴルゴンゾーラ」。
f0085185_224452.jpg

何と美しいビジュアル!
是非赤ワインと、とメニューにあったので、maquiちゃんは太っ腹にも
シャンベルタンをグラスでご注文♪
一口味見させてもらいましたが、ゴルゴンゾーラのアイスが絶品でした(^^)

ワタシは「マンゴーリゾット」。
勿論マンゴー好きってのもあるけど、「リゾットならボリューム満点だろう」などと言う、
あれだけ暴飲暴食をしつくした後とは思えない理由で選んだ自分が恐ろしい(^^;;)
f0085185_2272648.jpg

しかも、特にワインを合わせろなんてメニューには書いてないのに、
maquiちゃんが飲むならとアルザスの白をグラスで(爆)
f0085185_2281414.jpg

完熟のアップルマンゴー半個のスライスの下には、大量のミルクリゾットが潜んでいます。
濃厚なミルクの甘さの中に、オレンジの風味が効かせてあって絶妙の美味しさ!
f0085185_22104229.jpg

マンゴー果肉、マンゴーソルベ、リゾットの三位一体八木沢姉妹~(またかいな)

よく見れば、アルコールを合わせているのは私たち二人だけ。だはっ(^^;;)
そうそう、このサロンでは、ショップのケーキをプラス50円で頂くことが出来ます。
たった50円で、ソースで美しいデコレーションをしてサーブして貰えるのですから、
とってもオトクですよね♪

さ、甘いものとアルコールでいい気分になったら、次はショッピングです(^^)
二人で行く場所は決まっていて、いつも銀座。
銀座と言えば、セレブ系なファッションの殿堂、さぞかしや高級なブランドショップへ・・・?
いやいや、行った先は「ユニクロ」と「GAP」(笑)
二人であーでもない、こーでもないと批評し合い、試着しまくって、
数着の秋物を購入です(^^)v
残念だったのは、GAPモザイク店の名物店員さんが不在だったこと。
歯に衣着せぬ東京弁での接客が気持ちよくて、彼女目当てで行ったのですが・・。
試着している客に「それはやめた方がいいわね、似合ってない!」と言える店員さんって、
中々いないでしょ?(笑)

さて、そろそろ脚も浮腫んでパンパン、ちょっと座ってナイトタイム(笑)まで休憩です。
イトシアにある「エスプレッサメンテ・イリー」でプロセッコのフローズン(名称失念)を。
f0085185_22115727.jpg

薄ーー!マズーー!(笑)

そうこうしているうちに、はやディナーの時間。
maquiちゃんと言えばスペイン、と言う事で、一件目は「バニュルス」。
オープンエアーな店内が気持ちいい~!と言いたいところですが、暑いっ(><)
しかも暗いので、写真が・・・(涙)
とは言え、まずは乾杯でしょう!
f0085185_2213139.jpg

カウンターはスタンディングもあり。
f0085185_2214285.jpg

アンティークなシャンデリアもいい感じ!
f0085185_22144714.jpg

ボケロネス、トルティージャ、フライドポテトのピリ辛ブラバスソース」、
マッシュルームのガーリックオイル煮、ハモンイベリコ、砂肝のガーリックオイル煮。
f0085185_22225344.jpg


激ウマのこのガーリックオイルを、思い切りパンに吸わせて食べたい!と思ったけど、
「ここでパンなんか食べたら、後が食べられないからだめっ!」とmaquiちゃんが制止(笑)
確かに・・・

と言うわけで、ワタシにしては割とサクッと?食べて(いや、十分だと思うという声が・・)
お次は前日に引き続き、新丸ビルへ。
お目当てはスパニッシュイタリアンの店、、「リゴレット ワイン&バー」
セラーからワインが選べて、しかも殆どがボトル2,500円均一ってのに惹かれたのです(^^)

予約してあったにも関わらず、時間丁度に行って待たされたことや、
待たされ方がちょっと気に入らず、最初からマイナス10ポイント(笑)
店内は広々として明るく、スタッフもきびきびしていい感じ。

まずは家でもよく飲んでいるスペインの濃厚赤でスタート!
f0085185_22247100.jpg

イベリコ豚のチョリソー。 ピリ辛でうまし。
f0085185_2228233.jpg

小ヤリイカとほうれん草のイカ墨煮込み。 まったりとコクのあるイカ墨ウマー!
f0085185_22282868.jpg

トレ・ルマーケで食べて大感激した「ゼッポリーネ」。
f0085185_2229858.jpg

もちもちでウマー!だけど、軍配は蛸入りのトレ・ルマーケに(笑)

問題のカリフォルニア産ロメインレタスのシーザーサラダ。
f0085185_22293813.jpg

何が問題かって? ロメインレタスの茎、すべてが茶色く変色していたのです。
ま、カリフォルニアから運んできたならさもありなん、って感じですが。
大体、葉物野菜を海外から持ってくる意味は何でしょうね?
余りに目についたので、一応チーフっぽい黒服のスタッフにそれとなく注意しましたが、
改善されるとは思えないですね(^^;;)

最後はガツンと、イベリコ豚ほほ肉の赤ワイン煮込み。
f0085185_2230578.jpg

見た目通り、いやそれ以上に超濃厚!しかも甘めの味付けは美味しいけどちとクドい(笑)
添えられたバターライス(と言うよりリゾット?)のボリュームも強烈で、
またもや前夜の悪夢再び状態に(笑)

と言う事で、このお店はこの辺でごちそうさまする事となりました。
伝票を持って来た先ほどの黒服氏からレタスについてのコメントもなく、あっさりと終了(笑)
ま、こんなもんですかね(^^;;)

お腹ははち切れそうだけど、時間はまだ9時半。
と言う事で、最後のミッションを果たすべく新宿へ!
お目当ては、「立ち呑みプロヴァンサル」です(^^)
新丸ビル→新宿歌舞伎町と言う、前夜の行動をなぞるかのようなルートを通り、
お目当ての場所まであと少し!と言うところで、ただならぬ騒ぎが起きていました。
サイレンを鳴らして止まっている救急車、そして救急隊員・・・な、何ごと?!
何と、狭い階段から担架に乗せられて、うら若き女性が出てくるではありませんか。
既に意識はありません。 これは間違いなく、急性アルコール中毒!こわっ!
その後もお店までの100m程のあいだに、うずくまってる人やら何やら、
流石、夜の新宿裏通り~♪(by八代亜紀・・・古すぎ)な光景が。いやー、すごすぎます新宿。
でもって、やっとお目当てのお店にとうちゃーく!
f0085185_22385343.jpg

気持ばかりの腰掛バーに陣取った直後に、60歳くらいと思しき女性が一人でフラリ。
「座れるところある?」
どうやら常連さんの様子。 いやー、すごすぎます新宿(笑)

お腹一杯だけど、とりあえずはグラスワインでかんぱーい!
f0085185_22351362.jpg

お通しのサラダとオリーブ。
f0085185_22354034.jpg

フレッシュトマトのサラダと、
f0085185_22363868.jpg

タコの燻製サラダで〆。
f0085185_2237595.jpg

maquiちゃんが途中で「もうだめー、全部食べてー!」などと残酷な事を言い出したので、
残りを全部一人で平らげる羽目に(涙) 
もう、急性胃拡張とか(そんなのあるのか?!)救急車騒ぎになっても知らないもんね!
と言いつつも何とかタコ燻製サラダ以外は完食~(^^)v ワタシって凄い!

そろそろ終電の時間も近づいてきたので、2日目はここでお開き。
さて、1日目と2日目、どちらの摂取カロリーが多かったでしょう?(正解不明ですが)
[PR]
by k_dino51 | 2008-09-23 21:01 | 外飲み
暑い暑い暑いと呪文のように唱えていたけれど、
この間まで皮膚を焦がさんばかりだった真昼の太陽光線も、ややそのパワーに衰えが。
マンションの駐車場には、赤とんぼがスーイスイ。
永遠に続くかと思われたこの夏も、そろそろ終わろうとしているようです(^^)

さて、外食ネタばっかり続いて申し訳ないのですが、
今日はこちらでそのボリューム(もちろん味も!)が絶賛されていた、
福島のガッツリ系フレンチ、Y'sでのディナーをレポします♪

7月も終わりごろの金曜日。 
福島駅から歩くこと10分ほどなのですが、地図の読めないオンナ二人
駅の周辺地図とPCから印刷してきた地図を見比べながら、あーでもないこーでもない(笑)
そこへ登場したのが大阪のオバちゃん、「アンタらどこ行きたいねん?」。
まあ、親切と言うか世話好きと言うか・・・結局オバちゃんの説明も分からず、
えーいままよと地図を片手に歩きだしたら、アッサリ見つかりました(爆)

さ、そんなこんなで喉もカラカラ。 
まずは泡から・・・と思ったのですが、これと選んだ泡がこの日は入荷なし(><)
それならしゃーない、冷えた白で行きますか!
f0085185_21375580.jpg

お料理は4,000円のプリフィクスコース。
アラカルトも出来ますが、選ぶとしてもコースに出てくるお料理の中から。 
何たって、一碗水よろしくお料理もサービスもお会計も洗い物も、
すべて若きシェフが一人で切り盛りしておられるので、致し方ありません(^^;;)

まずはアミューズ。
f0085185_22123961.jpg

熟成が進んでうま味たっぷりの生ハム、豚頭肉ゼリー寄せ、ゴーヤのピクルス。
肉肉しい一皿に、思わずワインが進みます(笑)

前菜盛り合わせ。
こちらはKちゃんセレクトの4種盛りプレートです。
f0085185_22125586.jpg

量タップリの野菜のポタージュ、サーモンのなんちゃら(面白い名前だったのに忘れた!)、
玉ねぎのキッシュ、ホタテのなんちゃら(忘れすぎ!)

そしてこちらがワタクシチョイスのプレート。
f0085185_22131274.jpg

極厚パテ・ド・カンパーニュ、サーモンのなんちゃら、玉ねぎのキッシュ、ホタテの・・もういい?(笑)
上に乗ってる水菜のようなのは、トマトの茎です。
無農薬だからそのまま根っこまで齧って下さいとのこと。 うう、ちと固い(爆)
f0085185_22133013.jpg

見て下さいこのパテの厚み! って喜んでたら、ここでなんと満腹中枢が反応!
メインに行く前にギブ?!って位、お腹がパンパンに!

でもここでへこたれたら女が廃ります。
勿論、出てくるものは拒まず・・・てことで自家製フォカッチャ。
f0085185_22135691.jpg

しかも、しっかり次のワインで乾杯してるし(爆)
f0085185_22141674.jpg

さ、いよいよメインの登場です(^^)
面白いのは、メニューに詳しく料理名や調理法の説明がないこと。
「鴨料理」「豚肉の伝統料理」「内蔵料理」って感じなのです。 かえってワクワク?

こちらKちゃんチョイスの、鴨のお料理。(コンフィですよね・・・?ま、何せ鴨料理!)
f0085185_22143466.jpg

表面カリカリ、中ジューーーーシィ!
上に乗った玉ねぎのコンフィがまた甘くてウマー!

こちらワタクシのチョイス、「内蔵料理」=ブーダンノワール。 豚の血のソーセージです(^^)
f0085185_22145761.jpg

ちょいグロな外観とは裏腹に、マイルドでねっとり、クセもなくてグゥ~♪
ナイフを入れると、プツンと皮が弾けるのですが(写真撮り忘れたのが悔やまれる~)
中はホロリと柔らかで、まるで裏濾ししてそぼろにしたレバーのような食感です(^^)

デザートは、クレームブリュレとプルーンのコンポート。
f0085185_22164973.jpg

ブリュレも量タップリで美味しかったけど、コンポートが絶品でした(^^)

これにカフェで4,000円は、ちょっとCP良すぎかも?!

ふぅー、お腹一杯ごちそうさま。
お店を出る頃には日もとっぷりと暮れ、エントランスもいい感じ♪
f0085185_2218537.jpg

他のメインも美味しそうだったし、是非再訪して全メニュー制覇したいお店でした(^^)

さ、お腹もハチ切れたことだし、そろそろ帰る・・・?わけないか(爆)

と言うことで、おくだです。

この時行ったサントリー山崎蒸留所で買った「白州12年」を手土産に持って行ったら、
前回訪問時に話題に上ったコーヒーかりんとうの事をショウちゃんが覚えててくれて、
わざわざ買って来てくれてました~♪
f0085185_22214251.jpg

これほろ苦くて美味しいの~! 
その時一緒に話題に出てた、ジャイアントコーン・辛子マヨネーズ味もでた!嬉しい~(^^)v
f0085185_22223214.jpg


と言うわけで、ハチ切れかけた筈のお腹に、全部収めてごちそうさま(笑)

いやー、「甘いものは別腹」とよく言いますが、ワタシ達の場合は、「おくだは別腹」(爆)
[PR]
ちっとも風邪が良くならない中、今日は金沢までお出かけ。
その模様はまた後日ご報告するとして。

今日は久々のディナーネタ。
この方の記事にあった"がっつり"と言うキーワードに、まるで街灯に群がる蛾のように吸い寄せられ(笑)
早速毎度お馴染みのKちゃんと襲撃してきたのは谷六にある"ラ・ヴェリタ"です(^^)

まずは珍しく白のグラスワインでくわんぱぁぁい!
f0085185_2365914.jpg

案内された席は小さな坪庭?に面してて、中々いい感じ♪
f0085185_2384488.jpg


アンティパスト盛り合わせ。
f0085185_2310470.jpg

盛りも盛ったり、なてんこ盛り感が嬉しい~♪

この辺りの盛り具合、特に好みだったりして(笑)
f0085185_2311204.jpg


自家製"モチ豚"と"エゾ鹿"のサルシッチャロースト。
f0085185_2314126.jpg

プリッ!パリッ! 肉汁ジュワー♪ 
f0085185_23154276.jpg

これはエゾ鹿。ちょっとクセがある感じで、ワタシ的には断然モチ豚が好み~!

パスタは"ピーチ(極太手打ちパスタ)・・・エゾ鹿(またかい!)とヒヨコマメと
黒キャベツの田舎風トマトソース煮込み、ペコリーノチーズ掛け"(長っ!)
f0085185_23194749.jpg

ピーチのモチモチ感と、ソースとの絡み具合がたまんなく美味しい~♪
f0085185_23202757.jpg

ボリュームも言うことなし。 やや濃い目の味付けはワレワレ若者にピッタリだし(爆)

メインは"阿波尾鶏モモ肉の香草グリル、フルーツトマト、苦味野菜のサラダ添え"。
f0085185_23233220.jpg

鶏はもちろんウマー!なんだけど、それより野菜がウマー!
f0085185_2324370.jpg

ハナッコリー大好き♪ もっと乗せて欲しい~!

ふぅー、これで腹9分目くらいかな?
でも次もあるので(爆)例によってドルチェもカフェもなしで。
ごちそうさまー!とお会計を頼むと、ちょっと頼りなげなスタッフが「お腹一杯になりましたか?」と鋭い質問。
「もちろん、いっぱいになりましたよ、美味しかったです(^^)」と言うと、
「何が美味しかったですか?」と意外に執念深い(笑)
「ピーチがモチモチして特に美味しかったです」と言うと、「シェフに伝えておきます!」と嬉しそう。
ふふ、中々愛いヤツじゃ(笑)

そんなこんなでお店を後にしたのはいいけど、ここから梅田はどうも交通の便が・・・
と言うことで、贅沢にもタクシーで乗り付けた先は、お・く・だ♪

まずは何時ものヤツ、カルヴァドスソーダ割りで乾杯です(^^)
f0085185_23312858.jpg

こうやって見ると、濃さの違いが一目瞭然ですね(汗)

こんなん仕入れてみました、とドンとボトルを置かれたのは・・・
何とマール・ド・シャンパーニュ!
f0085185_23325779.jpg

何とショウちゃん、ワタシ達の為に(ホンマかい?)こんな高級品を仕入れててくれてたのです!

早速ティスティング・・・うう?
実は名前は知っているものの、飲んだのは今回が初めて。
思ってた味とはどうも違う・・・もしや高級すぎて口に合わないのかしらん?

気を取り直して「ホワイト家族盛り」をば。
f0085185_2336462.jpg

メタボだけどウマー!
そんなこんなで何時もの如く締め、大満足の一日となりました(^^)

ところで、どうやらこのブログを見ておくだへ行ってくださった方がいらっしゃったようですが、
カルヴァドスのお味、いかがでしたか?
[PR]
by k_dino51 | 2008-03-22 23:45 | 外飲み
今日は土曜日と打って変わっていいお天気♪
太陽の光が降り積もった雪面にキラキラと反射して、なんとも気持ちのいい一日でした(^^)
こんな日はちょっとお菓子なんか焼いちゃおうかな~♪と思い立ち、
ちょうど先日格安でフィナンシェ型を手に入れたこともあって、渋皮栗のフィナンシェをば。
津田さんレシピの粉糖を三温糖に変え、荒く刻んだ渋皮栗をパラリーノ。
部屋中に焦がしバターのいいにおいが立ち込めてきて、はい焼けまちたーーー(^^)v
f0085185_22523823.jpg

生地をてんこ盛り流し込んだ上に栗まで入れたので、ちと型からはみ出ておりますが(笑)
f0085185_2331455.jpg

形はいただけませんが、焼き色はまあまあこんがり美味しそう・・・ですよね?

そうそう、型と言えばフィナンシェ型って結構お高い。
ワタシは一個ずつになってて、フッソ加工のものを探してたのですが、
お店によっては一個数百円(@@)20個買ったら・・・あわわ、諭吉さん登場ですがなっ!
そんなのはとても手が出ない、でもフィナンシェ焼くならやっぱりあの延べ棒型が欲しい。
どっかに安いの売ってないかなぁ、とカチカチクリックしてたら、あったーっ!
なんと1つ100円也で、フッソ加工のがあったのです、やほー!

では一つ味見してみましょう。
f0085185_2315925.jpg

いやん、美味しい♪

もう一つ、今真っ盛りに出回ってる伊予柑で、マーマレードなど。
f0085185_2304145.jpg

マーマレードなのにジャムって書いてるのは見なかったことにしましょう(^^;;)

さて、↓の盆梅ツアー帰り、訪れたのは今大注目のお店、ジォカトーリ。
京都をこよなく愛するライターのこの方や、
軽いフットワークで大阪京都の美味しい店を見つけまくりのこの方も訪問されている、
"飲ませて"、しかもスィーツが美味しいイタリアンです(^^)

一番乗りだったので、誰もいない店内で何時もの儀式をば。
最初は白で行く?って事になり、ダナエ・ファランギーノをカラフェで。
f0085185_231529.jpg

ハチミツのような色の割には、スッキリしたワインでした(^^)

まずは「殆ど野菜の前菜の盛り合わせ」。
f0085185_2318271.jpg

手前、ワカサギのトマト煮か?と思いきや、牛蒡でーす(^^)
添えてあるホースラディッシュが美味しくて、これだけで白ワインが進みます。
ま、わさび漬けで日本酒グイグイって感じ?(笑)

お次はコッテリ系、「鶏レバーのパテ」。
f0085185_23221618.jpg

ネットリと言うよりふんわりと柔らかいパテは、こっくりと甘みがあってウマー!
添えてあるセロリスティックと頂くと、これは幾らでもいけます(^^)
Kちゃんと奪い合うようにしてペロリ。 危険なパテでした(笑)

さ、そろそろ赤いヤツいってみますか? 
我々にしてはかなり張り込んで、シェフお薦めのモングラーナを。
f0085185_23252659.jpg

おおー、流石です!4000円クラスとはぐんと違います、の言葉通りのしっかりとした美味しさ。

なのに次の一品は「イカのグリル」(笑) 白ワインは既に飲み干したってば・・・
f0085185_2327584.jpg

イカがとっても柔らかくてぷりぷり。焼き野菜も甘みたっぷりでウマイったら!

今日はメインまで行くでぇー!とばかりに「白金豚ほほ肉、バルサミコ酢風味の煮込み」。
f0085185_2329474.jpg

コッテリ濃厚!かと思いきや、バルサミコ酢のお陰でサッパリ♪
ほほ肉はフォークを入れるとほろりと崩れるまで煮込んであり、これまたウマウマです(^^)

何故か最後にパスタを注文(笑)
「七味唐辛子を練りこんだトゥルキオでツクッタスパゲティー、海老とポルチーニ茸のソース」(長っ!)
f0085185_23331835.jpg

シコシコとした生パスタは、かみ締めると確かに七味の風味と微かな辛味が(^^)

いつもの我々なら、ここでサヨナラなのですが、このお店でスィーツを食べずしてなんとする!
てことで、ワタシが「ボネ、黒胡椒のアイス添え」(多分・・・汗)
f0085185_2338208.jpg

Kちゃんが「リコッタチーズとヘーゼルナッツのケーキ、オリーブオイルのアイス添え」(多分・・・笑)
f0085185_8304395.jpg

うーん、どれも本格的以上な美味しさ!ワインの後のスィーツも美味しいもんだと実感しました。
ついでにコーヒーまで飲んで、お腹一杯大満足。
さ、雨も降ってるし、そろそろ帰る?訳もなく、二軒目へ(爆)
向かった先は最近はお決まりとなりつつあるバー、K6です。
今回は締めにほほ肉の赤ワイン煮込み、なんてこともなくサラリと乾き物で2杯ほど頂きましたが、
この日は隣のお客さんのシガーの香りが強烈で、お酒とは別の酔いが(笑)
このK6、京都では知らない人が無いってくらいの名店ですが、何だかお酒が薄く感じたのは、
きっと我々の舌がおくだの超濃厚な配合に慣れちゃったせいに違いないありません。
恐るべし、おくだ!(ってワタシがいつも濃くして!濃くして!って言ってるからだけど・・笑)
[PR]
by k_dino51 | 2008-02-11 00:03 | 外飲み
昨夜は久々の焼肉~♪
その肉画像はまた後日お楽しみ頂くとして。

金曜日の午後と言えば、いつもシーンとして空気が張り詰めてる我がオフィスも、
さすがにややリラックスムード。 
ウチの部のコワモテ部長も、珍しく財務部長らと雑談なんぞしています。
「建物の9階の次の階の事、何て言うか知ってるか?」、とコワモテ部長。
「じゅっかいだろう!アタリマエじゃん!」と東京生まれの財務部長。
「アホか、"じっかい"や、じっかい!」
「えー、じゅっかいじゃないの?」
「あれは"じっ"て読むねん!」と自慢毛出しまくり。
何せ部長はワタシの隣。 聞いてなくても丸聞こえだったんですが、
その後おもむろにこちらを向いた部長、
「建物の9階の次の階の事、何て言う?」と聞いてくるのです。
ちょっとちょっと、正しくは"じっかい"と読むって言ってるの、今聞いちゃったじゃん(><)
さて、ここでどう答えるのが正しい会社員のあり方なのでしょう?
「じ、じゅっかい?」
もう、部長ったら満面の笑み!
「ちゃうねん、実は"じっかい"が正しいねん。 知らんかったやろ~♪」
ほっ、どうやら会社員としての選択は、こっちが正解だったみたい(笑)
その後も終始ご機嫌さんで、定時に退社されました(^^)

さてさて。
これまたちょっと古い話ではありますが、12月のある土曜日の事。
この日は朝昼晩と、食べて飲んで食べまくりました。

朝は7時前に起床し、こちらへ!
f0085185_22111167.jpg

お目当ては新作の「丹丹フランス」♪
f0085185_22131855.jpg

丸いフランスパンに黒豆と、たっぷりの練乳クリームをサンドしてあります(^^)
ほれほれ、こんなにビッチリ~!
f0085185_22141228.jpg

ランチ用には、焼き豚と水菜のフォカッチャサンド、そしてワタシ的たま木No.1の
「パン・シュー」。
f0085185_2216190.jpg

もっちりフォカッチャ生地ウマー! 焼き豚がジューシーでウマー!
f0085185_22164950.jpg

パン・シューは焼きたてのアッツアツ。 角切りベーコンがゴロゴロでウマー!
この後飲み倒すと分かっているのにやめられない♪ 白ワインで頂きま~す!
f0085185_22181755.jpg


さて、お次は「シャンパンフェスティバル」@阪神へレッツラゴーです!
勿論お供はおなじみKちゃん(笑)
さー、飲み倒すぞと。
しかし遅めの会場入りだったためか、めぼしいシャンパンは飲みつくされてたりして(涙)
それでもあちこちのブースをはしごしまくり、一体何杯のシャンパンを
この身体に流し込んだことでしょう。
無料試飲が品切れで飲めなかった銘柄は、有料試飲でいただきまーす♪
f0085185_22213060.jpg

f0085185_22215639.jpg

有料とは言え、こんなシャパンが格安で飲めるなんて、阪神様は神様です(笑)

おっと、そうこうするうちに次のミッションの時間です!
最後のミッションはこちら、タベルナ・デッレ・トレ・ルマーケ(長っ!)
ルマーケはカタツムリ、と言う意味だとか。 
イタリア郷土料理が自慢の、とっても可愛いお店です(^^)

ワインはイタリアの赤。
f0085185_22285055.jpg

ではお決まりの儀式をば(笑)
f0085185_2229125.jpg


まずはアンティパスト二品。
"マルケ州アスコリピチェーノ名物、ミンチ詰め大粒グリーンオリーブのフリット"(長っ!)
f0085185_22314663.jpg

オリーブの軽い渋みと塩分、そして詰めたミンチの肉汁が絡み合って、ウマー!
これだけをどんぶり一杯食べたいねー♪ などと言い合うKちゃんとワタシ(笑)

"ナポリ名物生青海苔のゼッポリーニ、活淡路蛸入り"。
f0085185_22333530.jpg

フワッ、モチッの食感が最高。 青海苔の風味がまた素晴らしい!
ワイン進みまくりの一品です(^^)

お次はパスタ。
"手長海老とアサリ、ポルチーニ、豚肉のソース、"マーレ・エ・モンテ"自家製チカティエッリ"(長っ!)
f0085185_22364951.jpg

海の幸と山の幸の旨みがギュギューッ!と詰まった濃厚ソースが、手打ちショートパスタに絡みまくり♪
f0085185_22374713.jpg

手長海老は勿論ぷりぷり。 エビラーじゃないワタシですが、むさぼり食べてしまいまちた(笑)

さてメインは・・・"蝦夷鹿の赤ワイン煮込み、根セロリのピューレ添え"。
f0085185_22404027.jpg

見た目、色的にジミーですが、ホロホロと崩れるほどに煮込まれた蝦夷鹿ウマー♪
f0085185_2242844.jpg


この日は珍しくドルチェにまで手を出しました。 
だって手書きメニューに、"栗祭中"なんて書いてあったし(^^;;)

迷い倒した挙句に選んだのは、"栗のティラミス、エスプレッソジェラート添え"。
f0085185_22444297.jpg

ジェラートがエスプレッソだったので、コーヒーはなし。
これでご馳走さまをして、お店を出ようとしたら、マダムが心配そうに、
「あれでお腹一杯になりました?」と。 そ、それどう言う意味なんでしょう・・・(汗)

しかしマダムの心配は当たってました(^^;;)
何を隠そう、ワタシ達ったらまだお腹に多少の余裕が(爆)

と言うわけで、〆に向かったのはお馴染みすぎてゴメンナサイの"おくだ"です。
f0085185_22491299.jpg

Kちゃんはボンベイサファイア、ワタシはタンカレーのジントニックで、かんぱーい♪
あれ、気づくと目の前にこんなものが・・・
f0085185_225133.jpg

さすがにアテはなし・・・の筈が、いつの間にかこの口が三種盛りをオーダーしてたらしいです(爆)

食べて飲んで、飲んで食べての長い長~い一日。 はー、シアワセ(笑)
[PR]
by k_dino51 | 2008-01-26 23:02 | 外飲み
ほぼ一ヶ月前のお話なんですが、パンをこよなく愛する料理の達人、
まゆみさんから沢山のパンを頂きました(^^)
たまたまワタシが"食パンが好き♪"とコメント欄に書いたのを目に留めて下さって、
ご自分のお気に入りのを詰め合わせて送ってくださったのです♪
f0085185_2233055.jpg

箱を開けたら物凄く香ばしい小麦の香りが!

食パンは三種類。 大きいのから、まゆみさんイチオシのCopin、ヌクムク、そしてペリカン。
特にCopinのは、耳の部分が濃いキツネ色で、物凄くいい香り~♪

その他にもこんなパンが入ってました(^^)
f0085185_22423477.jpg

それぞれ中はこんなかんじ。 毎朝美味しく頂きました♪
f0085185_2251427.jpg


食パンはこんな感じで。 
f0085185_232777.jpg

ずっとバター&ジャムで頂いてたんですが、はちみつが美味しいと聞き早速・・・
うまーーっ!

まゆみさん、ご紹介が遅くなってごめんなさい、そしてありがとうございました♪

さて、今日は今年初めてのふぐチリを、接待で頂いたのでそれをご披露です(^^)

皮の湯引き。 コリコリとした食感が堪りません。
f0085185_2351997.jpg

てっさ。 いいツヤ!お箸でぜーんぶ掻っ攫いたいのをググッと押さえて一枚ずつ。
f0085185_2363548.jpg

唐揚げ~♪ さつま芋が美味しかった(え?)
f0085185_2373932.jpg

土瓶蒸し。 土瓶蒸しと言うと、鱧が定番ですが、これは???既に記憶なしだけど、鱧じゃないことは確か(笑)
f0085185_2310329.jpg

焼きフグ。 身の部分もプリプリとして美味しいけど、皮がまたブルンブルンで美味しい~♪
f0085185_23113952.jpg

そろそろメインのふぐチリ、行ってみます?
f0085185_23125332.jpg

この骨の周りの肉をしゃぶるのが堪らないのですわ(^^)
f0085185_2314218.jpg

しかしふぐチリの真髄はココにあり!の雑炊様。 これにたどり着くためにここまで食べて来たのよ~(笑)
f0085185_2319139.jpg

しかし、ここのふぐチリって紙鍋なので、雑炊に絶えられるか一抹の不安・・・
f0085185_23203670.jpg

何とか穴もあかず(笑)無事に出来ました~♪
f0085185_23213957.jpg

シメはアイスだったんですが・・・ば、バニラだったかな(^^;;)
f0085185_2323833.jpg


仕事柄、接待されることが結構あるんですが、食べたいものを食べたいだけ、となればやっぱりジバラが一番。
あ、でもお寿司の接待だけは大歓迎なので、よろしくお願いしま~す(って誰に言ってるんだ?)
[PR]
台風、どんどん首都圏に近づいてますね。
こちら湖西線も、風規制で速度制限。 お陰で帰りの電車、地獄混みでした(><)
途中駅で積み残しが大量発生です。
次の電車をご利用くださいって、降車駅によっては一時間に1本あるかないかの貴重な電車。
そうそう待ってはいられません。
勿論、直撃予定の地方では、それどころじゃないですよね。
大きな被害が出ないこと、お祈りしてます・・・

さて、たびたびこのブログでもその猛者ぶりを紹介しているわが母ですが、
どうしても行ってみたいお店があったので、7月最後の週末、勇気を出して(笑)食事に誘ってみました。
何故"勇気を出して"かと言うと、とにかく文句の多い人だからなのです!
それも本人(料理人)の前で、"大したモン使ってないな!"とか、言いにくいこともズケズケと・・・
なので、同行者はもう、冷や汗かきまくり、時には袖を引っ張り、酷い時はその恐ろしい口を押さえたり(笑)
今までワタシが連れて行って、気に入ってもらったお店は一軒もなーし(爆)
そんなこんなで、とってもドキドキしながらたどり着いたのはココ、"御幸町つばき"さんです(^^)
f0085185_2362466.jpg

どうやら店構えは合格。 第一関門突破です(^^)v

予約したのはカウンター。
丸見えの厨房を、鋭い視線でチェックしまくる最高尚官さま(笑)
前回居酒屋へ連れて行ったときは、カウンターの裏を指で擦って"掃除がなってない!"と激怒だったのですが、
今回はさすがに清潔感溢れる店内で、これも合格マーク。 ホッ・・・

さて、先ずはビールで乾杯です♪
f0085185_2311365.jpg

陶器のビアグラスはきめ細かくクリーミーな泡立ち。 ぷはぁ~!

先付けは、雲丹と鳥貝の土佐酢ジュレ掛け。 
f0085185_23124151.jpg

雲丹の甘いこと! そして鳥貝の身の分厚くてプリプリなこと!たまらなく美味しいっ!
そしてたっぷり散らした木の芽の香がまた爽やか~♪
恐る恐る"どお?"と訊いてみると・・・"雲丹が素晴しい、美味しいわ~!" やったぁー、掴みはOK!

向付けはマグロ(ヨコワだったかも)、しまあじ、炙り鱧。
f0085185_23175653.jpg

キラッキラのしまあじは、プリプリと凄い歯ごたえ。
そして絶品だったのはこの炙り鱧。
f0085185_23193910.jpg

表面の焦げ目は香ばしく、分厚い半生の身はムッチリと凄い弾力、そして堪らない脂のノリ具合!
添えられた梅肉がまた、えも言われぬ仄かな酸味と甘みで美味しかった~♪
この鱧は母も絶賛でした、やったー!

ここらで冷酒に切り替えます(^^) 確か鳳凰美田(栃木)純米吟醸。
f0085185_23233420.jpg


椀物。
f0085185_23255672.jpg

お碗に水を打つと言う演出に先ず感動。
開けてみると・・・お出汁のえもいわれぬ香りがふわぁーっ!
f0085185_23271534.jpg

しかし具材はすっかり失念・・・トホホ。
とにかくこれも一応合格。 うん、順調順調(^^)

和え物。 茄子と青唐の揚げ浸し。
f0085185_23294749.jpg

こっくりとしたお味。 母的には普通、評価に値せず、だったようですが(^^;;)

ここらで別のお酒を頼んでみようかな・・
"チャラチャラと何種類も飲むのは良くない!"と叱られましたが、説得して何とか許可を貰いました(笑)

焼き物は、鮎の塩焼きと、揚げ青蓼の葉。
f0085185_23335088.jpg

今年の初鮎です。 パリッパリの青蓼が美味しい!
実はワタシ、蓼酢が苦手なんですが、この揚げた青蓼を絡めつつ、二杯酢で頂く鮎は最高でした(^^)
残念なのは器が織部だったため、蓼の濃い緑の美しさが活かされなかったこと。
揚げた蓼は初めてと言う母、これもマル!との事でした(^^)v

お凌ぎは、海素麺とオクラ、針生姜の土佐酢ジュレかけ・・・だったかなぁ(すっかり失念)。
f0085185_2340079.jpg

土佐酢ジュレが先付けとカブってるのですが、間に何品か挟んだのでチェックを逃れたみたい(笑)

焚きものは、牛肉と茄子、万願寺唐辛子。
f0085185_23433545.jpg

牛肉はジューシィで柔らかく、甘辛い味付けがとっても好み♪ ご飯欲しい~!

ご飯ものは、 鰻と錦糸玉子と、三つ葉の釜飯。
f0085185_2346871.jpg

ふんわりとした鰻が美味しい(^^) 三つ葉の香りがまた、いいアクセントに。

水物はトマトのコンポート。
f0085185_23475351.jpg

コンポートの上にはトマトのシャーベット。 仄かに甘くてサッパリ~(^^)

ああー、全て美味しかった!
何より最初の雲丹が美味しくて、そのお陰でどれも美味しく感じられたと言う母。
揚げ物が無かったのも、ポイントが高かったらしいです(^^)

しかし無事に終わったと安心してたら、最後のお会計で大揉め!
お店と揉めたのではなく、相手はワタシ。
ここはワタシが、いやワタシが!と、マンガのような伝票の取り合いになり、
最後は醜いつかみ合いまでやっちゃいました~(結局ワタシの勝利♪)
どうやら、子供に奢ってもらうほどワタシは落ちぶれてない!と言いたいらしいのですが、
あの頑固さには参った~(^^;;)
でもやっぱり嬉しかったのでしょう、ほろ酔い気分も手伝ってか、お店の人に娘自慢しまくってましたから(爆)

そんなこんなで何とか無事?終わった食事会。 
最後まで神経使う事、並みの接待以上ではありますが、これからも年に一度位はやってもいい・・・かな?(笑)

帰り際、見送りに出てきたお店の人に「どなたかのご紹介ですか?」と訊かれたので、
「関谷さんの・・・」と言いかけると、「ああ、関谷さんの、そうでしたか(ニッコリ)」と納得顔。
いや、関谷さんに直接紹介してもらったのではなく、関谷さんのブログで・・・と言いたかったんですけどね、まあいいか(笑)
[PR]
by k_dino51 | 2007-09-07 00:12 | 外飲み
今日もあづづづづ・・・

でもエアコンつけて、部屋でノンビリなんてしていられません。
何たってお休みは週2日しかないんですもの・・・ってまあそれが普通ですけどね(^^;;)

と言う事で、まずはお馴染朝エアロ。
ウチのインストラクターったら、ビリー隊長に負けじと、最近はおっそろしくハードなプログラムを組んでくるんですが、
今日はその極めつけ? ハイッキック数十回連続の後はジャンピングジャック、すぐにワンツーキック、ランニングにスクワット祭り・・・
やっと終わった時にはもう、息も絶え絶え、足元に溜まった汗の海で溺れそうな状態でした(><)
しかし、今日は何としても行かなければならないところがあったのです。
その場所とは清水焼団地の陶器市。 とあるお方の所でステキな戦利品を見てしまい、
しかも今日が最終日と言う事で、暑かろうがヘロヘロだろうが、絶対行く!と決意していたのでした(笑)

先ずは夕食の食材を買い、駅前まで来た迎えの車(笑)に洗濯物とその食材を預け、身軽になって向った先は・・・
f0085185_21493647.jpg

ランチ代わりに注文したのは、恋焦がれたマンゴーパッションフラペチーノwithホイップクリーム♪
ちべたーーー! 頭キーン! しかもめっちゃ酸っぱーー(><)
と言う事で、やっぱりアズキフラペチーノにすべきでした・・・(涙)

でも乾きに乾いた身体、これだけでは水分が足りません。
会場へ向うバスを待つ間、自販機でお茶でも・・・とお茶のボタンをぽちっとな。
ゴロリンと出てきたのはひえひえのペットボトル入り緑茶・・・のはずが
f0085185_21553135.jpg

ええーっ!いくらヘロヘロに疲れてるとは言え、オトメの飲物ちゃいまんがなー!
ボタンをもう一度見ると、どうやらボーっとしてて緑茶の隣を押しちゃったようです。こんなの飲めないよう、トホホ・・・

そうこうする内漸くバスが。 揺られること15分、灼熱の会場へ到着~♪
時刻は正午、真上から照りつける容赦ない太陽光線に、髪の毛が焦げそう。
あまりの暑さに、持っていたスポーツタオル、気づいたら首に掛けちゃってました(爆)

何十個もあるテントをグルグル回るうち、こんなステキなモノが目に入ったので、早速お買い上げ♪
f0085185_21585399.jpg

どう見ても陶器に見えませんが何か?

グビっとやりながら気になるテントをチェック・・・ここのが結構気に入ったんですが、
値段が中々強気で折り合いつかず・・・って暑さのあまり、交渉すらしてないんですけどね(^^;;)
f0085185_2201629.jpg


グルグル回ったけど、結局コレ!と言う器には出会えず、再来週の五条坂でのリベンジを誓いつつ家路につきました(^^)

さてさて、今日は某仕入先の接待を受けた6月のある日のディナーをご紹介です。

"鉄板焼きのお肉の店だから"と、予め先方に聞かされてたので、全身すっかり肉モードにして
意気揚々と出かけたわが社の女子軍団ですが・・・

先ずはオードブル盛り合わせ。
f0085185_2273937.jpg

和洋ごちゃ混ぜなカンジがオッサン好みってカンジ?

揚げパンにかに味噌ペーストをゴッテリと乗せたもの。
f0085185_229578.jpg

これが合うお酒が思いつかないような味です(笑)

カウンターの向こうでは、肉の焼ける良い匂いが!
次は肉~♪ と全身が肉を求めて三千里状態になってたと言うのに・・・
f0085185_22103065.jpg

あれ、さっきの肉はどちらへ?
そしてやってきたのはコレ。
f0085185_22115919.jpg

巨大アワビのステーキwith肝! そして焼きアスパラ!
アワビが巨大だから、肝の量もハンパじゃありません。
f0085185_2213472.jpg

さすがのワタシも多すぎてちょっと辟易・・・アスパラは美味しかった~♪
f0085185_2213569.jpg


次こそ肉よね~ワクワク♪ え?もしやこれは?
f0085185_22144088.jpg

プリップリの伊勢海老と卵のフワフワ炒め。 エビ好きにゃタマラン一品かと(エビ苦手・・・)

しかも、ココまではワインを飲んでたのに、無理やり焼酎にさせられました・・・だからオッサンの接待はイヤなのよ!
f0085185_22162919.jpg

こちらは女性数人、向こうは女性二人と老人の域に達しているとは言え、男性が一人。 
ワタシはこの男性の相手をずっとさせられたもんで、料理もお酒もイマイチ楽しめなくて・・・

しかも次こそ肉か?!と思ったら、早くもデザートが出てきてしまいました(^^;;)
f0085185_2218597.jpg

トマトのコンポートにバニラアイス、バルサミコソース。
うーん、イマイチな上に、今までもずっとそうだったんですけど、お皿の柄が許せない・・・

どこかから、これで〆? ものたりなーい!と言う声も聞こえたので、もう一品追加してもらいました。
デザートの後のチャーハン。 これってどうなの?(笑)
そしてオーラスは味噌汁。 このチャンポン具合がまた、ワタシ的にNG!

そんなこんなでお腹は張り裂けそうながら、どーも納得行かない、満足できないディナーが漸く終了。
手土産にこんなものまで貰っておきながら、アレなんですけどね・・・
f0085185_22213728.jpg


で、こういう時はどうやって満たされぬ思いを晴らすか?
もちろんここです、おくだ!(笑)
あめ色に光るカウンターに座ると、何故かほっとするんですよね。
飲物はバルヴェニーのソーダ割り。 手前がワタシの、奥はレモン入りのKちゃんの。
f0085185_22242360.jpg

今日はお腹一杯やねー、と言いつつ、気づいたらこんなもの注文してました(爆)
f0085185_2225990.jpg

おくだ的ガッツリアテの最高峰? ポテサラと鮭水煮缶withマヨネーズ。
ああ、やっぱり美味しい~! この世におくだがあってよかった~(笑)

さて、翌日は頂いた高価な白桃ゼリーを冷やしてパクリ。 
f0085185_22273094.jpg

・・・・。
このゼリー、とっても高価で有名なもののようですが、悲しいことに口に合わず。
だってこんな甘みや香りを付けたら、せっかくの桃がかわいそう・・・
[PR]
by k_dino51 | 2007-07-29 22:42 | 外飲み