「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ブログの楽しみの一つが美味しいもののやり取りだったりします(^^)
少し前の事になりますが、抹茶をこよなく愛するこのお方から、パンをどっさり頂きました♪
お店の名前は"シェ・サガラ"。 久留米ではとっても人気のお店だそうです(^^)
かなり大きな箱を開けると・・・出るわ出るわ(笑)
f0085185_22435995.jpg

さて、どれから頂きましょうか?
とりあえずは全品アップで!
f0085185_22515796.jpg

ズッシリミッチリ系というよりも、ふんわりと軽い食感で、やや甘みのある生地が特長です(^^)
特にお気に入りだったのが、これ!
f0085185_22564417.jpg

ブラックオリーブ、オニオン、そしてベーコン入りのパン。 
朝ごはんに食べちゃったけど、これはワインに合いそうです!
nayuさん、どーもご馳走様でした♪

さて、ようやっと日常ご飯に戻りま~す(^^)
これは10月終わり頃の事。 初登場のメインは、鱈のかぼす蒸しです(^^)
f0085185_23222.jpg

うーん、お皿からふんわりと立ち上るかぼすの香りが食欲をそそります!

菊菜の白和え。 
f0085185_2343534.jpg

あえて菊菜だけ。 コレって手抜き?いえいえ、シンプル・イズ・ベストです(笑)

蓮根のはさみ揚げ。
f0085185_2361463.jpg

あんは粗く叩いた海老に大葉を混ぜ込んだものです(^^)
片栗粉を叩いて揚げたんですが・・・ありゃ、殆どついてない(^^;;)
てっぺんに乗ってるのは、余った海老を丸めて揚げたものです(笑)

ちょっとコッテリした箸休めを、と言う事で鶏肝とハツの時雨煮。
f0085185_2310450.jpg

やっぱり一日一鶏(笑) お酒がススみますわん♪

自作のぐい飲みに秋ならではのひやおろしをトクトクっと注いで、
f0085185_23112998.jpg

さ、いただきまーす(^^)v
[PR]
ワタシの乗ってる線って、駆け込み乗車が異常に多いような気がするんですが、
今朝も凄いの見ちゃいました。
締まりかけたドアに突進し、何とか身体を滑り込ませたサラリーマン。
最後の一歩を余りに勢い良く蹴ったからか、後ろ足がドアの外に出たまま、ひえぇぇぇーっ!
すんでのところで車掌さんが気づき、ドアを開けて事なきを得ましたが、
一歩間違えば大惨事。 駆け込み乗車は止めましょうね~!

さて、秋も深まったこの三連休。
あちこちのブログで美味しそうなリンゴのお菓子を見てしまって、もうたまりません。
丁度博多で大量にアーモンドプードルも買ったことだし、挑戦してみようかな?
と言う事で、初めての林檎のタルト、焼けました~(^^)v
f0085185_22393671.jpg

ガーン、上のクランブルがちっともソボロじゃな~い(><) これはリベンジの必要ありです!
でも焼きたてのタルトからは、甘酸っぱいリンゴの香り、ラム酒の香り、そして発酵バターの香りも漂って、
なんとも美味しそう♪
では早速、ストレートのアールグレイと共にいただきまーす!
f0085185_22451523.jpg

ちょっとフィリングがトロトロ過ぎたかな?うう、どうもキレイにカットできません(><)
うーん、見た目はアレ(爆)ですけど、美味しかったのでヨシとしよう♪

さて、博多食い倒れツアーの帰りに寄った下関の唐戸市場。
実はそこでフグを注文していたのです(^^)v
と言う事で、それが届いた先週の日曜はふぐディナーとなりました。

先ずはてっさ。
フグの身を切るのは初めての事、しかも普通の包丁しかないので、これが中々難行苦行。
余りにも弾力があり、TVで見るようにスッスッと切れません(><)
ヒーフー言いながらやっとの事で半身をスライス、出来たのがこちら。 
f0085185_2254138.jpg

かなり食べ応えのありそうな厚みですね(^^;;)

こちらはお鍋。 ちり用のアラと、てっさにした残りの半身と言う大盤振る舞いです!
f0085185_22581556.jpg

あ、一番上に面白いものが乗ってるのを発見!
f0085185_22594855.jpg

きゃー、ブサ可愛い♪って食べ物をおもちゃにしてはイケマセンね(^^;;)

勿論野菜も、そして忘れちゃイヤンの葛きり(こちらは本葛にあらず)もスタンバイ♪
f0085185_2321267.jpg


お鍋が煮えるのを待つ間は、こちらでキュッとやりましょう(^^)
f0085185_234849.jpg

やっぱり凄い噛み応え(笑) でも噛むほどに旨味が出て美味しい~♪

そしてお馴染の豆腐の味噌漬けもつついたり、
f0085185_2362127.jpg


そうこうする内、お鍋が煮えてきましたよ~!
f0085185_2382976.jpg


キャー♪フグと野菜を半々なんて、贅沢の極み~(≧▽≦)
f0085185_23104626.jpg


そしてフグを堪能した後は、勿論お約束のこれっ!
f0085185_23123824.jpg


はぁー、何ていいお出汁が出るんでしょう、おいち~い♪
f0085185_23145888.jpg

ハフハフハフ、ズズズーッ! 気づいたら3杯お代わりしてました(爆)

ふー、お腹一杯、そして身体の芯からほっかほか。
残念ながら白子やヒレ酒はナシでしたが、大満足のふくふくディナーでした(^^)v
しかもコレだけ食べて、驚くほど安い!
我が家の大晦日はここ数年錦市場のフグと決まっていたのですが、
どうやら今年は下関直送になりそうです♪
[PR]
さて、一体何日行ってたの?って位食べ続けた博多&関門の旅でしたが、
食べ歩きの合間にあれこれとお買い物をしてきたので、今日はそれをご紹介♪

先ずは初日に行った城下町秋月にて購入した、名産品の本葛粉と、本葛きりです。
f0085185_21362623.jpg

創業文政二年の老舗、廣久葛本舗のもの。
現地で葛餅を食べ損なったので、葛粉を買って自分で作ろうという魂胆です(笑)
ぶっとい葛きりの方は、他家へお嫁入り~(^^)

2日目の唐津は川島豆腐店にて、豆腐の味噌漬け。
f0085185_214014.jpg

お店で頂いたのがネットリと美味しかったので、即お買い上げです(^^)
こちらも寛政年間の創業とか・・・ワタシって老舗に弱い?(笑)

鍵屋さんの柚子胡椒、クリスマスも近いので赤と緑で。 こちらは完全なジャケ買い、ならぬラベル買い(笑)
f0085185_21453583.jpg

ビンの形も、よくある柚子胡椒の細長くてガラスが分厚いタイプと違うのも気に入って♪
後で調べたら、福岡のものじゃなくて湯布院の亀の井別荘と言う宿で売っているもののようです。

その他、忘れちゃいけない辛子明太子、高菜漬け、下関で塩ウニなどなどを購入。 
うひひ、これで暫くは旅の余韻に浸れるわ♪
しかし食べ物は、口に入れてしまえばハイ終わり。
でもこちらは違います。 何時までも、使うたびに思い出が蘇るお買い物・・・
それは、唐津の淡如庵で手に入れた、中里文子さんの器たちです。
二彩唐津のワインゴブレット。
f0085185_21551450.jpg

これに冷酒を入れて、きゅっと・・・
そして色々な葉っぱを型押しした銘々皿。
f0085185_2157515.jpg

それぞれ違う葉っぱが使われており、在庫を全部出してもらってその中からチョイス♪さて、何を盛ろうかな?

買って来た食材、早速お弁当に使ってみました(^^)v
f0085185_2202971.jpg

明太玉子焼き、鶏の柚子胡椒炒め、きんぴら、菊菜のお浸し、そして明太高菜のおにぎり。

そして週末の一人ご飯にも大活躍~♪
肌寒かったので、メインは一人鶏鍋(淋しっ!)
f0085185_227721.jpg

"きはる"で食べた牡蠣のコンフィ、想像で作ってみたんですが・・・
f0085185_2275436.jpg

うーん、味は似てる。でもぷっくりと膨らむはずの牡蠣は、しょんぼり縮んでしまいました(涙)
豆腐の味噌漬け(^^)
f0085185_229421.jpg

ネットリした食感はまさにクリームチーズ。 
塩ウニ。 
f0085185_2295576.jpg

織部の緑にウニのオレンジが鮮やか! しかし塩ウニって日本酒に合いますねぇ(しみじみ)
おニューの酒器に獺祭を注いで、
f0085185_22114541.jpg

では、頂きまーす♪

対酌する相手はいないけど、楽しかった旅の思い出に浸りつつ、一杯一杯復一杯と女李白な夜は更けて行ったのでした・・・
[PR]
寿司三昧@唐戸市場の海転(回転にあらず)寿司。
食べも食べたり17皿プラスあら炊きですが、もしや皆さんこれをワタシが一人で食べたと?
チッチッチ!ちゃいますよー!
全てKちゃんとシェア、つまり一皿一貫ですから、一人頭7・5皿。 
これって、回転寿司で食べる量としてはごく普通だと思うのですが(^^;;)
勿論今まで出てきたアレやらコレやらも全部シェアですからね、そこんとこ誤解のないよう宜しく!

さ、苦しい言い訳はいいとして(笑) 見るだけ~と言いながら下の市場へ降りていくと、
そこには誘惑の魔の手が待ち構えていたのです!
どんな魔の手かって? ホレホレホレ~♪
f0085185_22142944.jpg

どのお店も、「一貫からお好きなのだけどうぞ!」とトレイとトングをグイグイ押し付けてきます(笑)
しかも既に時計は2時過ぎ、お寿司は激しく値崩れを起こしており、お店によっては全品100円持ってけドロボー!状態(笑)
そう言われると、食べないってのもねぇ・・・と言い訳しつつ、ちょっとだけお口直しにトレイへ(爆)
f0085185_22181354.jpg

秋刀魚1本付け、炙りタコがそれぞれ100円。 
f0085185_22192775.jpg

このツヤツヤの大トロと炙り大トロは300円位だったかな?
店内の喧騒を逃れ、市場を出たところにある広場の芝生の上でパクッ!
f0085185_2221613.jpg

青空の下、関門海峡を眺めながら食べるお寿司は最高でした(^^)v

さて、お腹が一杯になったところで、またまた船で門司港へ。
帰りの新幹線までにはまだまだ時間があるので、少しレトロ地区を散策です♪

こちらは、今の仕事でも浅からぬお付き合いのある会社の前身、旧大阪商船。
f0085185_22314681.jpg

フラリと中へ入ってみると、たまたま盆栽展を開催中。
ローヤ柿などがチマチマと実を付けているさまがとても可愛く、すっかりく盆栽ワールドの虜に(笑)

背後に見える超近代的なビルとの対比が面白い、旧門司税関。
f0085185_2256283.jpg

押収品が展示されていたのですが、ワニの顔付きワニ皮バッグなど、結構笑えるモノが多くて意外と楽しめました(笑)

さて、そろそろお腹も・・・いや、流石に空いてないんですけど(^^;;)こちらは行っとかねば!
f0085185_22364478.jpg

地ビールは4種からチョイス。 嬉しいことにヴァイツェンがあったので、ワタシは迷わずそちらを。
f0085185_22565470.jpg

では、乾杯納め行ってみましょうか!
f0085185_22384465.jpg

幾度となくお見せしてきたこの儀式もコレが最後となりました。 淋しい~(涙)

お腹空いてないんだから、勿論アテは枝豆程度、と思うでしょ。 甘っ!
f0085185_22402470.jpg

門司港名物、焼きカレーです(爆)
半熟卵をつついたら、中から黄味がとろりんこ♪
f0085185_22412351.jpg

おっと、卵に興奮してピンボケですがな(><)

流石に苦しくて、スプーンも止まりがちでしたが、何とか完走、いや完食。
窓の外を見ると、そろそろ太陽も傾き、旅の終わりが近いことを告げています。
f0085185_22575247.jpg

お店を後にしたワレワレ、お腹をさすりさすりお土産選びを済ませ、漸く車中の人に。
フルマラソン完走の心地よい疲れに身を委ね、京都までは水一滴飲まずにzzzzでした(笑)

皆様、長いレポにお付き合い頂きありがとうございました(^^)

さて、体重計に乗るのが楽しみだっと♪(爆)
[PR]
by k_dino51 | 2007-11-24 23:01 | 街歩き
皆様相当胸焼けしてきたようですが、後もう少しお付き合いくださいませ(^^;;)

さて、博多で何とか完走し、ゴールテープを切ったわれわれですが、
折角遠くまで来たんだし、最後にもう一週走っとこか!ってコトで、帰りにコチラへ寄り道~♪

f0085185_2314956.jpg

レトロな駅舎がステキな、門司港駅で下車したら、
f0085185_2318724.jpg

こいつに乗ってレッツラゴー。 門司港レトロ散策も後回しで、一目散に向った先は・・・
f0085185_2320437.jpg

ワタシのお気に入り、唐戸市場でした♪

お昼前の市場内は、お寿司に群がる人人人!
f0085185_2326791.jpg

凄い活気です!こちらも負けてはいられません(笑)
何時もはこの市場1階でお寿司のハシゴをするワレワレですが、今回は趣向を変えて2階のコチラへ。
f0085185_022917.jpg

しかし昼時の事とて、お店の前は長蛇の列! 結局30分以上待って、漸くこの儀式の時を迎えました(笑)
f0085185_23292552.jpg

さーて、ココからは怒涛の寿司三昧。 心の準備、よろしいですか?
先ずはイカから! 素晴しいツヤと甘み~(^^)
f0085185_23322823.jpg

おおコレはまた美しい。 イカ好き心をくすぐるこの半透明なお姿は何イカかしらん?
f0085185_23332755.jpg

だぁーっ!こんにゃくでした(笑)
とり貝。 肉厚プリシコ。
f0085185_23342162.jpg

鯵~♪ これも肉厚でブリっとした身がたまりません(^^)
f0085185_23352569.jpg

ウニちゃん。 トロ甘。 しかし初めてウニを食べた人ってえらいよねー?
f0085185_23362328.jpg

ドキドキの中トロ。 でも明朗会計だからあんしーん♪
f0085185_23371755.jpg

口に入れた瞬間溶けた~!ってTVで言ってるの、大げさ~!と思ってましたが、ホントに溶けました(笑)
秋の味覚、もうスグお別れの秋刀魚ちゃん。
f0085185_23425839.jpg

ここらでちょっと目先を変えて、アラ炊き。 甘辛ーく煮付けられたカマや、ホホ肉がたまらん!
f0085185_23471095.jpg

即お寿司に戻って、トロサーモン。
f0085185_23483158.jpg

海鮮太巻き~♪
f0085185_23504574.jpg

これは下関ならでは、の鯨ベーコン。
f0085185_23513724.jpg

ぼたん海老。 このお皿の色は高そうだ(笑)
f0085185_23531532.jpg

お次は大好きな馬刺し。
f0085185_0225721.jpg

うーん、酢飯と馬刺しの脂は合わないっ(爆)
しらさ海老。 茹で海老はちょっとねー、なワタシも目からウロコの半生プリプリ。
f0085185_23572968.jpg

鯖。 かるーく締めてあるような。でもほとんど生♪ 脂ノリノリで美味しい~!
f0085185_2359616.jpg

巻物も欲しいよねー、ってコトでねぎとろ鉄火。
f0085185_014242.jpg

イカの姿造り、なんてのがあったので、気になって見てみると・・・
f0085185_032977.jpg

確かに姿造りですね(^^;;) でもネットリと甘くてウマー!
締めは下関ならではのトラフグで!
f0085185_05340.jpg

シコシコとした白身は、淡白ながら旨味が凝縮。 ああ、幸せ♪

ふー、まあまあ(え?)お腹一杯ごっつぉーさん。
でもやっぱり下の市場も気になるわ(笑)ちょっと見に(見るだけ~)行って来ますか。

でも長くなったので、その模様はまた明日~♪
[PR]
by k_dino51 | 2007-11-23 00:25 | 街歩き
さて、唐津へのWa.sa.biな旅(笑)から戻った二人が向ったのは、まだ出来て間もない複合ファッションビル、"季離宮"。
f0085185_2227151.jpg

大通りから奥まったところにあるこの施設、ゆったりとした敷地にオシャレなお店が一杯!
訪れるお客さん達も、なんだかとってもステキなのです(^^)
ワタシのお目当ては「クオカ福岡店」。 何で福岡まで来てクオカ?と笑われるかも知れませんが、
まあ大阪にないお店なので(笑) アーモンドプードル1kgを購入。 さて、これでタルトが何台焼けるでしょう?

そうこうする内に日もトップリと暮れて、さーて、そろそろエンジン点火!

この日の一軒目は「博多祇園鉄なべ」です。
既にほぼ満員の店内は物凄い賑わい。 いやがうえにも気分が盛り上がりまくり!
さ、まずは皆様お待ちかね(笑)のこれで始まり始まり~(^^)
f0085185_2232160.jpg

プッハー!歩き回った後のビールはうんまいっ!
何はともあれ、ここの看板メニュー、鉄鍋餃子を頼まねば! とりあえず4人前~(爆)
f0085185_22361533.jpg

きたきたきたー! でも写真で見たのと違って、キッチリと鉄鍋に餃子が収まってないのが気になる~(←意外と神経質?)
ジュウジュウ言ってるヤツを、先ずは一つ頂きっ!
ほにゃ? なんだかビミョーなんですけど・・・いや、お味じゃなくて、鉄なべに触れていない
側面の食感がむにゅーん。 大体焼けてる、と生焼け、の中間位のビミョーな生加減(つまりほぼ生・・・笑)
ここの常連の方、これはこれでヨイのでしょうか? それともやっぱり・・・?
ま、ここで"オバちゃん、これ生焼けちゃいますのん?"なんて言おうものなら、
ここの餃子をこよなく愛する満席のお客さんに袋叩きにされそうなので、
気にしないことにしていただきまーす(笑)
夜は長いから、サクっと軽く行っとこうねー、と言ったのはどの口だったんだろうか、
気づいたらポテサラや、
f0085185_22423079.jpg

モツの味噌煮込みやら、
f0085185_22443461.jpg

丸々太った鰯明太やら、
f0085185_22461522.jpg

目の前にズラリと並んでおりました(爆)
勿論、全部だきしめて♪、いや全部平らげて、ごちそうさま~!

さ、次行ってみよう!

やっぱり博多と言えば、まず思い浮かべるのが「中洲の屋台」でしょう。
f0085185_2249134.jpg

しかしオードブルの餃子を食べてて出遅れたみたい、中州は物凄い賑わいで、座る席もナシ!
f0085185_2251316.jpg

後の予定がつかえてるから、待つのはイヤンなワタシ達、仕方なくやや寂れ気味(笑)の隣の屋台街へ。
Kちゃんが、軽く食べるなら焼き牡蠣がいいと言うので、可愛い女将さんが仕切っているコチラへ。
f0085185_22552733.jpg

焼酎は黒霧島。 このように氷少な目で溢れそうなロックを、ワレワレは「博多盛り」と呼んでおります(笑)
f0085185_22584684.jpg

牡蠣が焼けるのを待つ間、砂ズリの竜田揚げなんぞを摘んだりして・・・
f0085185_230550.jpg

そうこうする内、いい香りがして牡蠣の登場です♪
f0085185_2314160.jpg

おおー!なんて大振りの牡蠣ちゃん! おつゆを溢れさせないように、先ずはチューチュー(笑)
f0085185_2324781.jpg

その後お箸でクルリと殻から外して、いただきまーーーーす! うーん、ジューシィー&ミルキー♪
最後にもう1つ、太刀魚の塩焼きをば。
f0085185_2343029.jpg

あら、これは見た目的にイマイチでしたわ(爆)

ここは珍しくホントにサックリと終わったワタシ達。お腹も軽く(え?)お店を後にしたのでした(^^)

さて最後はKENZOのもつ鍋とラーメンで〆るとするか・・・と思ったけど、博多の夜はまだまだ長い。
と言う事で、中洲から歩くこと10分ほど、ニューオータニにも程近いコチラに突撃~♪
f0085185_2310645.jpg

屋台フレンチの"しずえ"さんです(^^)
先ずはお決まりのコレでスタート!
f0085185_2313972.jpg

アテは、元プリンスホテルのレストランで働いていたと言うマスターの技が光るオムレツから。
f0085185_23152674.jpg

滑らかな表面の肌。 プルプル揺れてます(^^)
f0085185_23173283.jpg

中は勿論とろっとろりーん。

サバのフレンチ。
f0085185_23192441.jpg

ワインビネガーでしょうか、酸味の効いたソースが鯖と合うんだな、コレが(笑)

あっという間に食べ終えてしまったら、まだワインがボトルに残っているのをマスターが目ざとく発見。
「何かもう一品作りましょうか?」悪魔の囁きについうっかり頷いてしまい・・・
気づいたら目の前にコレが(笑)
f0085185_23223257.jpg

トマトソースの上にソテーした長芋とホタテ。カマンベールを乗せてバーナーでトロリと溶かし、
バルサミコソースをタラリーノ。
これでボトルワインもすっからかん。 ごっつぉーさんでした(^^)
ここ、今回で二回目の訪問なんですが、とにかく予約が必須だそう(ワレワレは今回幸運にも空席に滑り込み)。
東京や札幌からココを目当てに来る人もいるそうです。 ほえー(@@)

さて、すっかりお腹ハチキレーノなんですが、マラソンですから完走がお約束。
と言う事で、川っペリの屋台群の一番端っこ、お気に入りの「KENZO」へと向います。

幸運にも2人分の席が空き、座るや否やとりあえず焼酎でかんぱーい!
f0085185_23295719.jpg

すみません、博多盛り過ぎてグラスが持てませんでした(笑)

モツ鍋を注文しておき、出来るまでの間はこのモツ野菜炒めで食いつなぎます(爆)
f0085185_23315227.jpg

このお店、残念ながら蛍光灯の光が青い・・・美味しそうさが伝わらないかも~(><)
モツは勿論コリコリのプリプリのムニュムニュ。 濃厚なタレが絡まりまくりで、焼酎がグイグイ・・・
さ、お待ちかねのモツ鍋が来ましたよ!
f0085185_23344724.jpg

ああー、いい香り! 熱い内に食べないと、表面に膜が張ってしまいます。 急げ!急げ!
うふーん、モツちゃんプリプリ(^^)v
f0085185_23365789.jpg

ハフハフ言いながら一気に食べたら、〆はおじや~♪
f0085185_2338967.jpg

ものっすごく濃厚なお味! 喋りながら食べないと、上下の唇がくっついて離れなくなるほどのコラーゲン(笑)
もうお腹一杯やー!と言いつつも、あっという間に完食。 ごちそーさまでした(^^)

ゲッフー・・・流石のワレワレも、この後予定していたデザート=ラーメンに到達する気力・体力・胃力ともになし。
と言う事で、ここで無念のリタイヤ(いや、どう見ても完走してると思うけど・・)となりました。

お腹をさすりつつホテルにたどり着くや否や、お決まりの呪文「頼むぞ、黒!」を唱えて
そのまま爆睡。 
その姿のあられもない事と言ったら! これだけは誰にも見せられません(爆)
[PR]
by k_dino51 | 2007-11-20 23:51 | 街歩き
さぶーーーーっ!
f0085185_21582270.jpg

今朝はお山もすっかり雪化粧。 寒いはずですわ・・・

さて、満腹中枢が破壊されたかのような一日目の夜でしたが、皆さんのご期待に応えられたでしょうか(笑)

お腹パンパンな上、チャンポン(ビール、日本酒、焼酎、ワイン)で頭グルグル状態のまま夜半過ぎにホテルに戻り、
ウトウトまどろんだのも束の間。 2日目の朝は6時半起き、7時半集合で、朝の腹ごなし兼お買い物です!

目指すは柳橋連合組合市場と言う、博多っ子の台所とも言える卸売市場。
キーンと冷えた朝の空気がまだ酔いの残る身体に心地いい~♪
怪しいホテル街を通り、那珂川沿いに暫く歩くと、目の前にこんな眠気が吹っ飛ぶような看板の薬局が(@@)
f0085185_2391554.jpg

きゃー(笑)
このお店に人目を気にせず堂々と入れる男性がいたら、ちょっとホレるかも(爆)

ホテルから歩くこと30分、漸く市場にとうちゃーく♪
そろそろ魚屋さんやらがお店を開け始める時間帯で、中にはもうズラリと魚が並んでるお店も。
f0085185_2394839.jpg

おお、流石は博多。 高級魚アラの姿も見えます(^^)

お目当ての「中弥」さんでお手頃価格の自家製明太子を買い、ここでやっと朝ごはんです。
一時間近く歩き回ったと言うのに、ちーっともお腹が空かないのですが(アタリマエ)
マラソン中ですから、食べないわけにもいかないので(^^;;) 
しかしこの時間、開いてるお店がないっ(><)
漸く見つけたのがこちら、「アフタヌーンティベーカリー」@博多大丸です(^^)
f0085185_23114021.jpg

軽く「クロワッサンサンドとコーヒーのセット」・・・え?飲物だけにしとけよって?
f0085185_23123730.jpg

いえいえ、全くモーマンタイ。 温めたクロワッサンはサックリ軽く、3口でペロリ。 自分の胃力が怖いわ(爆)
しかし流石に寝不足で、お店を出たら大あくび・・・はワタシじゃなくてカバの親子でした(笑)
f0085185_23132546.jpg


ホテルに戻り野暮用を済ませた後、この日は唐津へプチ旅行に出かけました(^^)
一番のお目当てはここ、知る人ぞ知る「川島豆腐店」さんでお昼のお豆腐コースを頂くこと。
f0085185_23174352.jpg


清々しい白木のカウンター、花入れには秋の和花がセンスよく活けられており、とてもお豆腐屋さんとは思えない佇まいです。
f0085185_2318162.jpg

そして圧巻は、ズラリと並んだ酒器の数々。
f0085185_23184591.jpg

これらは全て、唐津を代表する陶芸家である、中里隆太さんの作なのです(^^)

全員が揃ったら、先ずは温かい豆乳から。
f0085185_23193868.jpg

実は豆乳ってやや苦手なのですが、こちらのはトロリと濃厚なのに全くクセがなく、
豆の仄かな甘みがあってしみじみ美味しい~(^^)
前日の悪行(爆)でドロドロになった血が、すーっと浄化されるような心地よさです。

おから炒り。
f0085185_2320656.jpg

焼き締めの渋い器に、淡いクリーム色が美しく映えています。
仄かに酸味があり、ハラリとした食感。 おばんざいとして甘辛く炊いた"おから"とは、一線を画す上品な一品です。
黒胡椒がピリっといいアクセントになってて美味しい~(^^)

ここでメインとも言えるざる豆腐の登場です。
この為に焼かれた黒い鉢に、スプーンでざっくりと掬ったお豆腐が盛られます。
f0085185_232257.jpg

これも仄かに温かく、食感はムースともプリンとも・・・そのままでお豆の甘さを充分に堪能したら、
雪塩かお醤油をほんの少し付けて。 うーん、どっちも最高!
これは食べ放題なので、即お代わりをお願いしちゃいました(結局2回お代わりしちゃった・・・)

今回は絶対お酒を頂く!と決めていたので、「日本一小さな蔵のお酒」(名前失念)をば。
f0085185_23234832.jpg

お猪口は好きなのをお選びくださいといわれ、もう狂喜乱舞!

お酒を頼んだからには、お豆腐以外のアテも欲しくなるのが人情と言うもの(笑)
塩ウニと、
f0085185_23252577.jpg

豆腐の味噌漬け。
f0085185_23255463.jpg

うーん、クリームチーズのような食感がたまんないっ!

これでチビチビとやっていると、えもいわれぬ香ばしい香りと共に名物の厚揚げが来ました!
f0085185_23274257.jpg

表面はサックサク。 そして軽く歯を当てただけで、トローリと生クリームのような中身が出てきます(^^)
f0085185_23282072.jpg

先ほどのざる豆腐を揚げたものだそうですが、あんなに柔らかいお豆腐を一体どうやって揚げるのやら。
気になって後で訊いてみたのですが「お家ではムリでしょうね~」と言われました(笑)
これもお代わり自由で、お願いするたびに揚げて貰えるので、何度お代わりをしてもアッツアツが食べられます(^^)v

お味噌汁。
f0085185_23322969.jpg

アゴ出汁でしょうか、物凄くいいお出汁!言うまでもなくお味噌も美味しいし、中のお豆腐はフワフワ♪

うずみ豆腐。
f0085185_23341352.jpg

麦入りの出汁茶漬けの下には、ふわふわのお豆腐。麦のプチプチとした食感とのコントラストが楽しめます(^^)
身体中きれいになりそうな、滋味溢れる美味しさ、そして山葵がまた美味しい。

香の物。
かぼちゃ、山芋、人参、カブ、壬生菜? そして昆布。
f0085185_23344432.jpg

最後は豆乳のブランマンジェ? こちらはネットリブルブル。 これまた美味しい~♪
f0085185_233546100.jpg


はぁー、お腹一杯!Kちゃんも、「お豆腐だけでこれだけ楽しめるとは!」と大満足(^^)
お肉もお魚もないけど、しみじみ美味しいとはこのこと。 これで昨日の暴飲暴食の罪も償われたわ~(爆)

この後はお土産用にお豆腐の味噌漬けを購入し、次なる目的地へ向います。

そう、唐津といえばこれ!
f0085185_2337487.jpg

唐津プチ旅行のお目当てその2は、中里文子さんの展示場「淡如庵」を訪ねること、でした(^^)
f0085185_2340459.jpg

先ずはお茶を一服頂き、美しい中庭を眺めてほっこりした後、ゆっくりとお買い物です。
f0085185_23403324.jpg

f0085185_2341549.jpg

前回訪れた時にも二彩唐津のゴブレットを買ったのですが、今回は冷酒用にやや小振りの酒器と、
もう1つ、天然の葉っぱを型押ししたタタラ作りの銘々皿を購入しました(^^)
これは後日ご紹介させていただきますね。

さて、そろそろネオンが恋しくなってきたので、ガラにもなくお上品なプチ旅行もお終い。
博多の夜はうまかっちゃん!2日目の夜はどうなったのか? 続きはWEBで!ってコレWEBやん(笑)
[PR]
by k_dino51 | 2007-11-19 23:46 | 街歩き
スカタンばかりだった昼とは打って変わって、順調な滑り出しの博多の夜。
予想を上回る美味しさの炙り鯖にご満悦の2人、次なるお店を探してうーろうろ。
しかし夜の博多、実に賑やかです。 しかも飲食店の多いこと!
大阪を食い倒れと言いますが、何のコトはない、博多こそ食い倒れと呼ぶに相応しいのでは?
新地のような歓楽街でもないのに、50m程の間に、飲食店が10軒近く居並ぶのですから!
しかし、今日の一軒を求めて道行く人々から聞こえてくるのは、何故か大阪弁(笑)なんでやねん。

さて、そんな誘惑だらけの夜道を歩くこと30分ほどで、次なる目的地へ到着です(^^)
まずはお決まりのコレでスタート!
f0085185_21481269.jpg

くぅーっ!歩き倒した後の一杯はたまらんっ!
あ、今回の旅、ワレワレの移動手段は基本的に徒歩。余程でない限り、地下鉄には乗らないことにしてました。
ま、単なる腹ごなしとも言いますが(爆)
突き出しは、博多名物?酢モツ(だと思われ)
f0085185_21502147.jpg

コレを突付きつつ、ビールをグビグビやってると、来ました! この店の看板メニュー、鶏皮!
f0085185_21511694.jpg

焼き豚のようなこの色合い。 美味しそう~♪
f0085185_21524778.jpg

秘伝のタレがじゅわーんと滲みていて、肉はムッチリシコシコ。
f0085185_2154918.jpg

大衆的な焼き鳥屋さんなのに、お皿には赤く染まった柿の葉がさりげなくあしらわれてたりするあたり、
お代わりし放題のキャベツといい(笑)ポイント高いです(^^)
お次はゴンジー・・・って何だっけ?
f0085185_2158657.jpg

砂ズリ。 玉ねぎが挟んであるのは博多スタイルでしょうか?
鶏モツ。
f0085185_215975.jpg

ビロビロビローンとした食感。スキかも♪
名称(部位)不明。 唯一のタレ焼きでした。
f0085185_2211899.jpg

折角博多に来たのだから、ここは焼酎でキメよっか? と頼んだお湯割は、大阪では珍しい黒千代香でサーブ。
f0085185_22264926.jpg

うーん、普通のお湯割りより、ぐっとまろやか~♪
ダルム(って何?)。何故かこれだけ、3本単位でしか注文できません(その他は2本)。
f0085185_2233583.jpg

冷たいお出汁に浸かって出てきました。 これはさっぱりしてて美味しい(^^)
ここらでちょっと肉を離れて違うものを・・・と言う事で選んだのはショウガの天ぷら。
f0085185_2252948.jpg

この酸味がたまりません!お口サッパリ・・・と言いたいけど、そこは天ぷらやし(笑)
あっという間に肉に戻って(爆) 豚サガリもろみ焼き。
f0085185_2271050.jpg

このもろみ味噌が、お酒を呼んでキケンキケン!もうこの辺にしとかねば・・・だって次があるし(爆)
と言う事で、お腹をさすりつつも次の店へと向う二人。恐るべし。

さて、これまた歩き回ること30分以上、冷泉公園近くのこちらへ到着~♪
f0085185_22121290.jpg

ほぼ満席状態でしたが、詰めてもらって何とかお尻二つを押し込み、早速例の儀式をば(笑)
f0085185_221439.jpg

そう、ここは屋台フレンチのお店なのです(^^) カウンターにはボトルがズラリ!
f0085185_22282947.jpg

さて、何から行きますか・・・鯖を堪能し、焼き鳥をガッツリいった後だから、ここはさくっと軽く、
「ハッシュドビーフのグラタン」(爆)
f0085185_22161771.jpg

すっごいボリューム!しかも濃厚!赤ワインに合いすぎ!
さ、今の一品が濃すぎたので、次はアッサリ・・・「フォアグラのソテー」にしますか!
f0085185_2218745.jpg

ひゃー!流石にお腹に堪えます・・・もう、血管詰りそう!(爆)
反省の意味もこめて、「色々野菜のグリル、アンチョビソース」。
f0085185_22192328.jpg

どう見ても反省しているとは思えない大盛りっぷり。 
コレだけのお料理を前にして、二本目のワインに手を伸ばさなかった自分を褒めてやりたい(ふざけるなって?)

ぐぅぅー・・・流石のワレワレも、お腹ハチキレーノで身体が曲がらない状態。
腹ごなしの為、徒歩でホテルへ向う帰り道、応急処置(笑)の黒烏龍茶を買い
「頼むぞ、黒!」と唱えつつ一気飲みして大の字で就寝。 ビリー隊長、こんなワタシをお許しください・・・
[PR]
by k_dino51 | 2007-11-18 22:30 | 街歩き
今日は冷たい風が吹くものの、天気も良く絶好の行楽日和。
きっと京都の観光スポットなんかは、物凄い人出だった事でしょう。
ワタシはそんな人ごみを逃れて北へ・・・しかしここもやっぱり人人人。
紅葉真っ盛りで三連休の来週末は、一体どうなることやら?

さて、お待ちかね・・・いや誰も待ってなんていないかもしれませんが(笑)
お約束通り福岡旅行の模様をお伝えしますね(^^)

出かけたのは金曜日、この日は11月半ばと言うのに暑い位の陽気でした。
憧れのN700系で、一路博多駅へレッツゴー!
実は旅行に出かける前はずーーーっと仕事が忙しく、残業続きで下調べのヒマもナシ。
と言う事で、新幹線の中が唯一とも言える打ち合わせ場所となり、
車内ではオヤツ1つ食べずに喋り捲り、気が付いたらもう博多です(^^)v

ワイワイカードを買ってチェックインを済ませたら、先ずはお昼ご飯!
"濃厚なスープ""ゼラチン質が溶け出してトロミ""国産小麦粉とモンゴルの天然塩"、
そして極めつけ、"コッテリ派にオススメの一軒"(爆)
こんなキーワードに惹かれて決めたとあるお店をめざし、ウロウロしていると、どうも見たことのある光景。
「ここ、一昨年来たお店の近くちゃう?確かあの自転車屋さんでお店の場所を訊いた記憶が・・・」
なーんて言いつつたどり着いた店、近くどころか2年前にも行ったお店でした(><)
f0085185_22131729.jpg

よくよく思い出してみると、2年前にも同じくガイドブックの"コッテリ"と言ううたい文句に惹かれた我々。トホホ・・・
気を取りなおして、頼んだのはラーメンとトロ炙り丼のセット。
トロチャーシュー? ホントにバーナーでゴーゴー炙られてます(笑)
f0085185_2216984.jpg

定番のラーメンは、看板に偽りナシ!のコッテリ濃厚のトロミタイプ。
f0085185_22171534.jpg

では、いただきまーーーす♪
f0085185_22124321.jpg


さて、お腹も軽く(爆)膨れたので、次なるミッションを果たすべく秋月へ。
車窓の風景も秋らしくていい感じ~♪
f0085185_2220648.jpg


f0085185_2222318.jpg

こんな可愛い一両編成の電車、甘木鉄道に乗り換えて、終点甘木からバスに揺られて秋月へ。
しかしバスの乗客は一人降り、2人降りして最後に残ったワタシとKちゃん。
はいここまで、と下ろされた終点は、どうも目指すお蕎麦屋さんのある場所よりはかーなり手前した。
しゃーない、歩くとするか! ススキが揺れる秋の山道を、2人でトットコ、いやヒーヒー登ること数十分。
f0085185_2227468.jpg

汗だくになってようやっとたどり着いた「お蕎麦ちきた」。 
たのもー!と声を掛ける前に目に入った木片には「本日の営業は終了しました」の文字。 ああ無情・・・
売り切れゴメンのお蕎麦は既に売り切れ、お店は閉められていたのでした(滝涙)
元来た道をまた数十分歩き、やっと行きにバスから放り出された地点に到着。
しかしこの時点で既に予定を2時間近くオーバーで、この後予定していたスィーツも全てパス。
取り急ぎ秋月名物の本葛の老舗、「廣久葛本舗 十代 高木久助」さんで、本葛粉と葛きりを購入し、
バスと電車を乗り継いで博多に戻ったらもう5時半!急がねば・・・
と言うのも、次に控えるミッション、美味しい鯖のお刺身を食べる!のお店が6時から。
売り切れ御免と言う事なので、ランチに続いてまた食べそびれたら・・・と気が気ではないのです(笑)
そんなわけで駆け込むように訪れたのは五島列島直送の鯖がウリの「きはる」。
まずはお決まりの、カンパーイ♪
f0085185_2302933.jpg

走り回って渇いた喉にクゥーッ!染み渡る~!
ネタケースには美味しそうな食材が一杯です(^^)
f0085185_2314452.jpg

さて、何はともあれコレから行かねば!の「泳ぎ鯖刺し」。
f0085185_2334355.jpg

うひょーっ! コリコリーっ! 脂ノリノリ~!
おっとココでお通しが(笑)
f0085185_2352354.jpg

三種盛り、しかも茶碗蒸しまで付いてます! 豪華ばーん♪

続いて炙り鯖刺し!
f0085185_2375141.jpg

これは絶品! 炙ることによって脂が溶け、甘みすら感じます(^^)
f0085185_23101858.jpg

次は牡蠣のコンフィ。 
f0085185_23241014.jpg

大振りの牡蠣は縮むこともなく、丸々太ってプリプリ!
これは絶対家でやらなきゃ(^^)

五島産イカ一夜干し。
f0085185_2315892.jpg

肉厚のイカは、ムッチリモッチリ。

〆は焼き鯖チャーハン。
f0085185_23171592.jpg

意外な組み合わせだけど、これまたウマー♪

実はもう一回炙り鯖刺しが食べたかったけど、このあとの事を考えてガマンガマン。
そして"この後"の模様はまた明日!
[PR]
by k_dino51 | 2007-11-17 23:28 | 街歩き
100万dinoを賭けたら、ピタッとJRの遅れが止まりました(笑)
人生こんなもんですわ。

さて、福岡食マラソンレポの前に(今めっちゃプレッシャー感じてます・・・)、金曜夜のお楽しみを
一挙ご披露しちゃいます。

まずは超手抜き、グラタンディナーの巻。
オードブルにはRF-1のサーモンと茄子のサラダ。
f0085185_21312241.jpg

割高な気もするけど、この量だけを作るなら買ったほうがうんと安上がりだし、と言うビミョーな選択。
流石に万人受けする味付けですが、市販のお惣菜全般にありがちなやや甘めの味付け。

こちらはお手製、インカの目覚めときのこのグラタン。
f0085185_21352492.jpg

オーブンで焼くと、どうしてもベタッとメリハリのない焦げ具合なのが悲しい・・・
おっと、よく見れば鶏とだだちゃ豆も入ってました(笑)
f0085185_2241112.jpg

それでは、いただきまーす♪
f0085185_2138983.jpg

ああ、金曜の夜って楽しい・・・

さらに手抜き(爆) 握り寿司ディナーの巻。
この日も遅くなっちゃったので、阪神で握り寿司を購入。
f0085185_21414751.jpg

いやー、これが中々いいネタでして、充分美味しく頂きました(^^)
一年以上ぶりに食べた納豆もウマー♪
しかし、お寿司を食べ終えても、まだまだ飲み足りない気分(爆)
と言うわけで、急遽コイツを追加です(^^)
f0085185_2145115.jpg

ネギ味噌をタップリ挟んだ薄揚げを、フライパンでこんがり焼きました。
f0085185_21462861.jpg

お酒がガンガン進みます! ああ、金曜の夜って楽しい・・・

最後はガッツリ!イベリ子ディナーの巻。
メインはイベリ子ちゃんのソテー。 たっぷりと添えてあるソースは、エシャロットのバルサミコ煮ソースです(^^)
f0085185_21535613.jpg

イベリ子ちゃんったら、脂がアマーでウマー!
f0085185_21544911.jpg

ソースをタップリと絡ませて・・・と♪
付け合せはインカのめざめのソテー、そして春菊とパルミジャーノのサラダ。

もう一品は、蒸し野菜のカルボナーラ。
f0085185_21561528.jpg

蓮根、かぼちゃ、しめじ、里芋、だだちゃ豆を蒸して、カルボナーラソースで和えました。

濃い目の赤ワインと共に、いただきまーーす♪
f0085185_21591295.jpg

ああ、金曜の夜って楽しい・・・

と言うわけで、金曜の一人ご飯三連発でした~(^^)
[PR]