「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

余りにもオヤジ昼飯続きなワタシ達、こんなことではいけないわ!
というわけで、やっと訪れた春らしい陽気の金曜日、
ちょっと遠出してロケーションのいいお店でOLらしいランチを食べに行きました♪

行ったのは別のランチ隊オススメの「Aのテーブル」
ボリュームもしっかりあって美味しいよ、との言葉に惹かれ決定しました(^^)

お店は明るい太陽光が燦燦と降り注ぎ、若いおぜうさんたちで賑わってます。
いつものガッツリおやじ系とは明らかに異なる雰囲気!

ランチはAランチ800円(メイン、パン)とBランチ1200円(スープ、サラダ、
メイン三種からチョイス、ドリンク)がありました。
Aが鶏胸肉だったんでちょっと躊躇したんですが(断然モモ肉派なんですもん)、
まあ昼からそんなにガッツリもねぇ(よく言うわ)ってことで全員Aランチに。
周りは大概Bランチらしく、結構大盛りのサラダなんぞをつついてて、
何もない我々はかなり手持ち無沙汰(笑)
やっと出てきたのは岡山産地鶏胸肉のソテー、ジャガイモのグラタン添え。
f0085185_20471139.jpg

胸肉は意外とジューシーで、サッパリしたソースと良く合ってます(^^)
しかし気に入ったのはむしろ付け合せの野菜たち。
タマネギのソテーは甘く、黄色ズッキーニはまだ歯ごたえがしっかり残っています。
そしてジャガイモのグラタンは濃厚な生クリームと焦げ目の付いたチーズが美味しい~♪
一切れきりでしたが(お代わりできるということを後で知った)バゲットも美味しかったです。

しかしいつものクセで黙々と会話なく一気に食べた我々。
お店を出るなり「何か物足りない・・・」「味庵の小皿ほどのボリュームだったかも」
「今からカレーでも食べられる」おーいっ!
まあ、昼ごはんをはしごするわけにもイカンので、
ジ・アースカフェでシュークリームを買って帰って会議室で食べました(笑)
f0085185_20551791.jpg

普通の婦女子ならお腹一杯ランチがこんなことではイカン!
と言うことで、5月は乙女ランチ月間とし、オサレなお店で人並みなランチすることに。
さて、どうなりますことやら(笑)

ランチが控えめ(笑)だったこともあり、夜はいっちゃえー!メニューです。
f0085185_2141022.jpg

大葉が酢飯に刻み込んであるのがお気に入りの鯖寿司♪
ここのは締めすぎてないトコロもポイント高しです(^^)
f0085185_212484.jpg

定番メニュー、軟骨塩炒め。
f0085185_2125855.jpg

さつま揚げ、白が枝豆と黒ゴマ、茶色のが牛スジ(^^)
f0085185_2135733.jpg

あー、満腹満腹、エエキモチに酔ったわ~♪

なんて言っている場合ではありません!
明日はK嬢が我が家にワインを飲みに来る日なのです。
(共同購入しているワインをウチに置いてあるので)
今から明日のお料理の下ごしらえもせにゃいかんし、クレームブリュレも作らねば!
という訳で夜も更ける頃、ほろ酔いの身体にムチうってキッチンへ向ったのでした・・・
[PR]
今月号の「あまから手帖」、ご覧になりました?
何軒か紹介されていた中に、オフィス近くの「パンデュース」がありました。
可愛いビジュアルの野菜パンに惹かれ、帰りに覗きに行くことに(^^)
中国茶&点心の店、「皇月」で烏龍茶のシュークリームを買った後、
テントがオサレなお店に行ってみると・・・

やはり雑誌の影響か、会社帰りのパン好きOLさん達で賑わってます♪
確かにどれもこれもこだわり野菜をタップリ使ってあり、
他では見たことのないパンばかりだったので、ここでご紹介(^^)

この日ゲットしたのはこの三種です。
f0085185_2352171.jpg

有機ネギのタルティーヌ。バゲットにベシャメルソース、ベーコン、ゴルゴンゾーラ。
その上にネギをテンコ盛りに(笑)
f0085185_23562683.jpg

バゲットにペッパーシンケン、有精卵、スナップえんどう、チーズをタップリ。
持つと重い!ボリューム満点です(笑)
f0085185_23592476.jpg

清水クレソンとブラックオリーブのフガス。
クレソンのほろ苦さとパルミジャーノの風味がベストマッチ♪
f0085185_02435.jpg

どれもこれもワインに合う事この上なしです(^^)

そして食後に皇月の烏龍茶シュークリーム。
f0085185_04343.jpg

サクサクのシュー皮に黒ゴマがいいアクセント。
中は勿論烏龍茶のカスタードクリームです。
f0085185_071684.jpg

うーん、皮は美味しかったけど、ちょっと甘みが強すぎ。
烏龍茶の風味があまり感じられませんでした・・・

さてその次の日、前日迷った末に諦めたパンをゲットしにまたまたパンデュースへ。
残念ながら狙っていたやつは既に完売、しかし昨日見かけなかったのがあったりして、
結局また三つ買ってしまいました(汗)
f0085185_0144423.jpg

有機太ゴボウのタルティーヌ。
バゲットの上にスモークチキン、シャキシャキのゴボウ、上からタップリのチーズを。
f0085185_017272.jpg

有機たまねぎのタルティーヌ。
バゲットにベーコン、バルサミコで炒めたあめ色のタマネギ。甘~い♪
f0085185_0192647.jpg

有機ほうれん草とゴルゴンゾーラ。
フォカッチャ?の上にほうれん草、タップリのゴルゴンゾーラ。クセになる味です(^^)
f0085185_0213076.jpg


どのパンも野菜野菜タップリだからペロリといけちゃいましたけど、
やっぱりカロリー摂りすぎですよね・・・
[PR]
通勤時間が長いので、定時に会社を出ても結構遅くなるワタシ。
なのでウィークディの晩ご飯は殆ど手抜きです(^^;;)

この日はショートパスタが食べたくて、フズィッリを。
よく見かけるディ・チェコとかと違う形なのが気に入って、
ちょっとお高かったけど買っちゃいました(^^)
クルクルとコイルみたいに巻いてるのが可愛い♪

ホタルイカ、トマト、アスパラの冷たいフズィッリ。
f0085185_2323033.jpg

ホタルイカ、もうすぐシーズンが終わりますね、寂しいなー。
しかしこの子、丸々と太ってますねー(笑)
f0085185_23242534.jpg

アスパラはパスタが茹で上がるちょっと前に一緒にお鍋に入れて湯がくとラクチン♪
そしてソースはこれまた手抜き。
ピエトロドレッシングにオリーブオイル、黒胡椒とレモン汁を足したものです(^^)
お供はラベルのデザインが気に入ってチリの白、San Medinを。
f0085185_2330949.jpg

スッキリ辛口ながら、トロピカルフルーツの香りがフヮーッと広がります。
この日はコレでおしまい・・・うーん、なんか物足りない(笑)
[PR]
↓の海老蒸し餃子、お褒め戴いて嬉し恥ずかし。
実は全然作りたかった形になってないんで、後一回だけやらせてください(笑)

さて土曜が中華なら、日曜は和食。
先日買った仙太郎の長岡の筍」が入っていた竹篭
コイツを使いたくて仕方なかった、というのもありまして(笑)

今が旬の鰆、身がパンパン!本物の(笑)筍と一緒に木の芽醤油焼きにしました。
お気に入りの足つき四方皿に盛って。
f0085185_2263515.jpg

栄養タップリ、人参葉と赤ちゃん人参の胡麻和え。
f0085185_2275039.jpg

そして真打、野菜天麩羅盛り合わせを例の竹篭にIN!(笑)
蓮根、アスパラ、超お気に入りの白ネギ、赤ちゃん人参です。
衣がボッテリと厚いのはご愛嬌ということで。
f0085185_229092.jpg

近所に中々いいお酒が売ってなくて、仕方なく地元のお酒をお供にしました。
ま、意外とイケましたけど♪
f0085185_229545.jpg

今回特に美味しかったのが筍の木の芽醤油焼き。
鰆と共に二時間ほど漬け込んでからグリルで焼いたので、
中まで味がしゅんでて香ばしい~!お酒がススム君~!

食後はクランベリーのバターケーキ。
f0085185_22144030.jpg

cincoさんのバナナケーキのレシピを応用して適当に作ったシロモノです。
粉を入れてから練りすぎて端っこがカリカリ(笑)
クランベリーもそのままぶち込んだので水分がなく、喉が詰まる~(><)
でも何故か家人は気に入ったらしく、1人で殆どやっつけてます。
次回はもっと水分のある具材を練り込んでリベンジしますわ・・・
[PR]
大層なタイトルついてますが(笑)

先週土曜のフリル付き海老蒸し餃子のリベンジをすべく、
朝から浮き粉探しの旅に出かけました。
まさかねー、と思いながら大阪駅構内のイカリスーパーに寄ってみたら・・・
あるやん!まさに灯台下暗し。毎日前を通ってたのに!
結局往復に2時間、買い物に5分というアホな事になってしまいました(^^;;)

さて、浮き粉を使えば今度こそ透き通るような海老蒸し餃子が出来るのか?
一抹の不安を抱きながら、熱湯を注いでコネコネ。
おお、片栗粉とは雲泥の差の扱いやすさです。
とは言え、小麦粉の皮と違ってやはり延びません。
少しでも力を加えればピリっと破れてしまうので、細心の注意を払って・・・
出来たのがコレ。おっ、中々綺麗に透き通ってるではありませんか?
そして何より、前回よりフリルが小さくなってます! しかし何人前よ、コレ(笑)
f0085185_2244941.jpg

f0085185_2265696.jpg

割ってみるとこんなカンジ。モチモチでプリプリ~♪
今回は豚ひき肉を少し加えたので肉汁も溢れます!(でもやっぱフリルが・・・)
f0085185_2274154.jpg

もう一皿は棒々鶏。濃厚ピリ辛ソースをタップリと(^^)
f0085185_229266.jpg

青物は我が家の定番、豆苗のニンニク炒めです。
何せ一袋100円、庶民の味方ですわ~。
f0085185_22102949.jpg

f0085185_22131233.jpg

これに銀河高原ビールをグイっと行けば、うーんパラダイス!

浮き粉を買った帰り、京都で途中下車して念願だったマリーフランスのあんぱんを購入。
ぱっと見は普通のあんぱんなのですが、とにかく餡の量がハンパじゃない!
よもぎあんぱんと普通あんぱん、計6個をトレイに乗せると片手では持てない位重いのです。
f0085185_2220926.jpg

それもそのはず、1個あたり200gの餡が入ってます。
非常に皮が薄く、とにかく餡餡餡。でも甘さはやや控えめでスッキリとした味わいです。
なんでも京都ではお茶会に使われることもあるとか。へぇぇぇ~。
断面はこんなカンジ。自分の重みでひしゃげてますな(笑)
f0085185_22212877.jpg

一つ食べればお腹一杯大満足。これで税込み135円は超お買い得♪
これをお昼ご飯にしたのですが、さすがのワタシも一つでお腹一杯になりました(^^;;)
[PR]
↓のGAKUに行った日、白状しますと実はお昼もガッツリコッテリいってたのです(^^;;)
一日20食限定(最近は増えたかも?)なんですが、
トロトロの豚角煮ラーメンを食べさせてくれるお店、「はしご」です。

夜は居酒屋なのですが、お昼はこれ一種類のみ。
黙って座ればササっと出てきます(^^)
f0085185_22414249.jpg

ゼラチン質ブリブリでトロトロの角煮がゴロゴロと入ってますが、
テンコ盛りの三つ葉やネギ、春菊にぶっといモヤシなどのお陰で後味サッパリ、
澄んだスープの最後の一滴まで飲んでしまえるほど!
f0085185_2242109.jpg

麺は太めでつやつやと透明感があり、素晴らしくコシがあります。
そして半熟玉子!最後の最後まで取っておいて、
スープと共にレンゲにのせて食べるのがお楽しみ(・・・写ってないがな)
ご飯は日替わりで、時にミニうな丼、時にミニ牛飯、かやくご飯にちりめん山椒ご飯など。
この日は山掛けネギトロご飯でした♪
f0085185_2249152.jpg

これにお手製のお漬物を添えて700円。
そして食べた後はコラーゲンで?お肌プリプリ!
これまたとってもお値打ちです(^^)

しかし、仕入れの関係かたまーに角煮じゃない日があるようで、
前々回行ったときは何故か「梅干ラーメン」。う、うそ・・・
コッテリした豚角煮を楽しみにしてたのに、あろうことか梅干とは!
ちょっと、いやかなり悲しかったです・・・
[PR]
by k_dino51 | 2006-04-25 22:59 | ランチ
予告だけして中々ご紹介できなかったYOTTERIA GAKU。
遂に行って来ました~♪お相手は勿論K嬢でございます(^^)
それでは長~いレポにお付き合いくださいませ。

定時に会社を飛び出た2人、妙に早足です。
そんなにあせらなくても予約してあるんだけど、心配になってつい(^^;;)
さて一番乗りで中に入ってみると、カウンター8席程と小さなテーブル席が二つっきりの、
本当にこじんまりとしたお店です。
切り盛りしているのはシェフのGAKU氏(GAKUちゃんと呼びたいくらい若い!)と
本上まなみを更にハッキリとした美人にしたような奈々代さんのお2人。
今日も予約で一杯のようです。

さて、期待に胸膨らませてメニューを見ると・・・
目が眩む様な濃厚そうな品々がズラリ。
何でもこのあたりはイタリアン激戦区なので、差別化を図る為に
豚料理、それも内臓系をメインにしているらしいです。
しかしいきなりモツはアレなんで(笑)まずはオンナノコらしくサラダなんぞを。

「熊本産塩トマトとモッツアレラのサラダ」
f0085185_21292844.jpg

塩トマトは以前「サグラ・マーブル・トレ」で食べて感激したんですが、
噛めばパリっと音がしそうなくらい硬くしっかりした果肉なのに、とっても甘い!
塩分を含んだ土壌で育てられているので塩トマトと言うらしいです。
ドレッシングはバルサミコと粒マスタードが効いてて美味しい~♪

さて飲み物は?少々喉が渇いていましたが、当然我々はいきなり赤ワイン。
しっかりとしたボディ、甘口ではないのに甘みを感じると言う触れ込みに惹かれ、
サリーチェ・サレンティーノをチョイス。
f0085185_2137551.jpg

うーん、ジャミーなワインを愛する我々の好みにピッタンコ!

さて、そろそろエンジンがかかってきたところで行きますか!

先ずは「もち豚のテリーヌ」
f0085185_21434089.jpg

ザックリとした食感で食べ応え充分。
そしてネットリした部分とコリコリした部分のコントラストがたまりません。
ミニキュウリの後ろにあるのは小桃のピクルス。
オリーブのような外観ですが、食べるとまさに桃。甘い香りがふわ~っ!

「豚足のコロッケ」
f0085185_2145197.jpg

ゴツゴツして見えるの衣はグリッシーニを砕いたもの。
中はコリコリした部分と肉っぽくホロリと崩れる部分、ネットリとした網脂のような部分が混在。
中から溢れ出る肉汁と脂がまったり美味しい~♪

「豚小腸のリガトーニ」
f0085185_22334737.jpg

濃厚なソースですが、トマトの酸味のおかげでしつこくなくドンドンいけちゃいます。
モツはプリプリクニュクニュとした食感がたまらない上、
リガトーニにもモツのエキスが染み込んでておいちー♪
しかし小腸とリガトーニって似てるような・・・(^^;;)

このあたりでサレンティーノは飲み干してしまい、お次のワイン、Eliseo Rosso。
f0085185_2152371.jpg

サレンティーノよりも濃厚で、濃い目のソースに負けていません。
さて、ここで一番の目的であったメインです。

「チチカブ(豚の乳房)のムニエル」
f0085185_21545981.jpg

今まで食べたことのない食感です。
ヒレ肉のようであり、トントロのようであり・・・そして噛むと仄かなミルクの味が!
GAKU氏にそう言うと、切った時にミルクが迸る事があるから、
ミルクの味がしてもおかしくないとのこと。
一緒にソテーしてあるトマトとミニジャガがまた肉汁を吸ってて美味しい~(><)
これだけでももう一度食べに来る価値アリ!
K嬢と2人であっという間に貪り食ってしまいました。

このあたりで突然隣の席のカップルが話に入ってきました(^^::)
何でも我々の会話に出てきた社名が耳に入ったとのこと。
んんん?
しかし我々も既にかなりマワってたので細かいことは気にしな~い♪状態。
すっかり意気投合して盛り上がり、隣のお料理まで戴いちゃいました(笑)

「白金豚のホホ肉の手打ち麺」(お隣の注文品)
f0085185_2242564.jpg

うーん、めっちゃ濃厚!ホホ肉は噛めばホロリと崩れます。
もう、ワインが足らんっ!
と言いつつアテ系の一品を。

「豚のコッパ(首肉)の生ハム」←これだけ料理名あやふや
f0085185_22143551.jpg

そして最後は更に濃厚な一品。

「三元豚の舌のバルサミコ煮」
f0085185_228121.jpg

全体像の写真がややピンボケ!なのでドアップを載せました、お許しください(笑)
しかしいい照りやわ~(^^)
勿論濃厚なんですが、バルサミコの酸味が効いてるお陰で後味はくどさがなく、
しかもタンが柔らかくて絶品。添えてあるのがジャガイモとかじゃなくて筍なので、
濃厚な中にもサッパリ感があり、シャキっとした食感もいいアクセント。
しかもバルサミコのソースに合う~!
ワインにもあうけどご飯も欲しい~(><)と思う一品でした。
3本目いく?と悩んだのですが、ここでワインをいくとまた料理が足りなくなる。
するとまたワインが足りなくなるのメビウスの輪状態になるので、
このあたりで堪忍しといたろか~!と思ったら、
「ではデザートでもいかがですか?」と奈々代さん。あ、悪魔のささやきだぁ・・・
しかし、「デザート食べるくらいならワイン飲むっ!」とK嬢即答。ツワモノです(笑)

諸事情あってこの日は二軒目ナシ・・・ってこんだけ飲んで食べたらアタリマエ?
とにかくガッツリ行きたい、モツ大好き♪な方は是非行ってみて下さい。
ただし、「ワタシ小食なの~」「アッサリしたものしか食べられな~い」
「内臓なんてイヤーン!」というヲトメな方にはオススメできませんのであしからず(笑)
[PR]
by k_dino51 | 2006-04-24 22:43 | 外飲み
今日も味庵でのランチをご紹介。
昼間からコレを注文するのは婦女子として如何なものか?
と思わぬではないネーミングの「スタミナ定食」にしてみました(^^)

例によっておかずのミニビュッフェ、この日は大当たり!
チヂミが出ています♪ 残りわずかだったので慌ててゲット!
f0085185_223344.jpg

もう一品は筍の韓国風煮物。
f0085185_2231633.jpg

後は定番のモヤシナムル、サラダ、キムチです(^^)

まずはご飯が来ましたが、心なしかいつもより大盛り。
まさか、前回チゲ鍋の時におかわりしたのを店の人が覚えていたのでは?!
は、はずかし~(><)
そしてお待ちかね、メインがやってきました♪
モツをピリ辛タレに絡めて鉄板焼きにしてあります。
ワカメスープもついて凄いボリューム!
f0085185_2251128.jpg

くぅ~、このコテコテのタレに絡んだモツがたまらんっ!
プリプリやらブリブリやらコリコリやらトロトロやら、どこがどの部位か不明ですが(笑)
山盛りご飯があっというまになくなっていきます!
f0085185_2284338.jpg

鉄板に残ったタレでもう一杯イケそうでしたが、さすがにそれは憚られてガマン(^^;;)
本当はモツでビールを一杯、タレをご飯に掛けてシメにしたいところですが、
昼からビールはやっぱりねぇ。今度土曜日に来ようかなぁ(笑)

濃厚過ぎる昼ごはんだったので、夜は肉類抜き。
ガルガネッリをドライトマトのペーストで和えただけの簡単パスタ料理です。
f0085185_2218176.jpg

ドライトマトの味が平板だったので、プチトマトを潰したものをソースに混ぜてみたのですが、
これが大正解。程よい酸味と甘みが加わってとってもグーでした♪
チーズはちゃんとパルミジャーノを下ろしてタップリと。
やっぱり粉のパルミジャーノとは風味が違いますね(^^;;)
f0085185_2223660.jpg


うーん、夜はトマトのみで軽くしたつもりだったけど、やっぱり濃厚過ぎ?
[PR]
by k_dino51 | 2006-04-23 22:27 | ランチ
さてお昼に美味しいスゥィーツを戴いたので、さすがに夜はサックリといかねばなりません。
そこで、冷蔵庫でかなり場所を占領している例のアレ、葉ゴボウを使って何か一品、
それだけじゃ物足りないので(やっぱり?)お気に入りのデリ、デッラ クッチーナで一品。
f0085185_14501238.jpg

葉ゴボウのリゾットです。
f0085185_14504191.jpg

春キャベツとホワイトアスパラのキッシュ。温めたら台がデロデロに(^^;;)
f0085185_1451462.jpg

お供はシチリアのシャルドネ♪
f0085185_14514130.jpg


葉ゴボウはクセがないし食感もシャキシャキしてていいけど、
グリーンアスパラ代わりに使うには風味が物足りないな~ってのが感想です。
やっぱりその真価が発揮されるのは和食ですね。

さてさて、お昼にしっかりケーキを食べたんだから、今日はこれだけ・・・?
いえいえ、トンでもございません。
cincoさんのブログで連日の筍尽くしを見て脳にインプットされてたのでしょう。
こんなもの見つけてつい買っちゃいました(^^::)
仙太郎の「長岡の旬、たけのこ」なるものを。
f0085185_1457544.jpg

可愛い籠は後で使えそうだし、小さい筍も可愛くて(^^)
中はこんなでした。
f0085185_14575230.jpg

外が小麦粉の皮で中が餡、てのを想像してたのですが、
美しい茶色のこなしの中には白餡、そしてその中には醤油煮の筍が!
仄かに甘塩っぱくて、とっても美味しゅうございました~♪
と言うわけでこの日は一日2スゥィーツ。反省してます・・・
[PR]
ハワイ旅行でお休みだった会社のオジサマが、
「お土産代わりにコレで好きなもん買うといで~」と諭吉様をピラリ。
キャホー!ヘタなお土産よりもコレコレコレ~♪

こんな時、女性陣が大概選ぶのがオフィス近く、ジ・アースカフェのスゥィーツです(^^)
緑溢れる靭公園に面した有名なカフェ。四季折々の風景が楽しめる、
とっても気持ちのいいお店です。
併設されているケーキショップには魅力的なスゥイーツが一杯!
めったにない機会なので、今日は買ってきたのをご紹介(^^)

まずは渋皮栗のモンブラン。シンプルながら中身は濃厚です。
f0085185_2305056.jpg

お次はこの季節はずせない苺モノを。
苺のチーズトルテ(焼きチーズタルトにイチゴ)
苺のキュービスト(カスタードたっぷりミルフィーユ)
f0085185_2374686.jpgf0085185_23835.jpg








フレジェピスタージュ(ピスタチオ風味のイチゴケーキ)
レアフロマージュ(レアチーズケーキ)
f0085185_2313345.jpgf0085185_23131814.jpg








イチゴのカスタードパイ
フランボワーズのヨーグルトケーキ
f0085185_231981.jpgf0085185_2320884.jpg








最後にワタシが選んだサンマルク♪
モンブランと悩んだんですが、こちらはまだ食べたことがなかったので。
とっても軽いアーモンド生地に、チョコとプレーンのクリームを挟んであります(^^)
f0085185_23233948.jpg

この季節、苺モノが多いですが、ワタシは基本的に生のフルーツが乗ってるのはパス。
キャラメルだとか紅茶だとか栗だとか、茶系の渋い色合いに惹かれてしまうのです(笑)

オマケはマカロン。一口サイズでとってもキュート。
f0085185_23264387.jpg

でもこれは翌日のお三時用(^^)

さて、おやつ大充実のこの日の晩ご飯はまた明日・・・
[PR]