<   2006年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

明日は花見だ朝日が眩しい~!
・・・の筈なのに、ナンデスカコレは!これが明日から4月と言う朝でしょうか?

ベランダから見た雪景色(涙)
f0085185_22374415.jpg

まあ幾ら寒かろうが、雪が降ろうが、明日と決めたら明日なので、
後は食材を買って準備するだけなのですが(笑)

さて明日は和食の予定なので、今日の夕食はイタリアーン♪
ていうか、先日ハンバーグのソースに使った生クリームが余ったままなので、
食材調達のついでに寄った成城石井で見つけたCAPUNTIというショートパスタで
カルボナーラもどきを作ってみました(^^)
プレッツェルを砕いたような、不思議な形のパスタです。
明日のメインで使う予定の黒豚のバラの余った切れ端をカリカリに炒め、
さっと茹でたアスパラと一緒に生クリームと卵黄で和えてみました♪
f0085185_22434518.jpg

お供は何と770円と言うデパ地下にしては激安価格で買ったチリの赤。
コレが意外としっかりしていて果実味もあってイケるんです。
f0085185_2244285.jpg

パスタにはパルミジャーノと黒胡椒をこれでもか、と笑)
f0085185_22454870.jpg

豚と生クリーム、合います!ネットリと舌にからみついてワインが進むわ~♪
f0085185_2305366.jpg

飲み残しのワインはドライフィグをつまみながらグビグビ。
ああ、明日の準備は全然出来ていないというのに、どうしましょう(笑)

こんなにノーテンキに飲み食いしてる私ですが、実は今少々落ち込んでおります。
口は禍の元、何気なく言った一言が、私を含め4人の女性をドツボに(涙)
今までもあわや舌禍事件、なんてこともあったのですが、
ワタシのノーテンキキャラのせいか、深刻な事態になったことなかったんですわ。
しかし今回は何だか様子が違います。 ああ、どうすればいいのでしょう・・・
[PR]
今日は寒かったですね~(><)
朝から猛吹雪、外は真っ暗。こんなんじゃ開きかけた桜の蕾が萎んでしまうっ!
ベランダから見える桜の木々も、蕾が膨らんではいるものの、
まだ一枝たりとも咲いておりません。
明後日お花見だと言うのに・・・(涙)

さて今日は女三人でトルコ料理なるものを食べに行ってきました。
お店は四ツ橋のイスタンブール・コナック。

迎えてくれたトルコ人の店員さんは、背も高くてチョー男前♪
とっても流暢な日本語でオーダーを聞いてくれます。

まずはビール!トルコビールのTroyを。
ちょっとクセのある味で、グビグビというよりジックリ味わいたい感じです。
f0085185_071155.jpg

前菜の盛り合わせにトルコのパンを添えて。
トルコ風ラタトゥイユ、ヨーグルトのサラダ、エジプト豆のペースト、
ピーマンのピラフ詰め、インゲンの炒め煮、真ん中はピリリと辛いサルサソースです。
f0085185_084235.jpg

キュウリとヨーグルトのサラダ。ドロっとしたスープに近い食感で超サッパリ。
f0085185_0132698.jpg

白身魚のトマトソース煮。アンコウのように柔らかい白身です。
f0085185_0153686.jpg

羊と野菜の煮込み。濃厚なトマト味で、羊の臭みは全くありません。
f0085185_0172246.jpg

イスケンデルンケバブ(羊の回転焼き、トマトソース)。
更に濃厚なトマト系のソースです。
ホロホロの羊肉の下には生麩のような食感のチーズが敷き詰めてあります(^^)
f0085185_0201075.jpg

ここでトルコのお酒、”ラク”なるものを注文。
水を入れると白濁するらしいので、パスティスみたいなものでしょうか。
アルコール度45度をストレートでチビチビ。
アテはお皿に微かにこびり付いていたイスケンデルンケバブのソースだったんですが、
その虎の子のお皿を途中で下げられちゃった(涙)

この後デザートにカザンディビ(もっちもちのプリン)、バクラワ(パイ菓子)、
これらにドンドルマ(トルコアイス)を添えて。
どれも素朴で甘みも超控えめ。何だか物足りないわ(笑)
オマケに見栄えもとぉーっても地味で、写真撮る意欲が沸きませんでした(^^;;)

有名なトルココーヒーも頼んでみました。
f0085185_0254085.jpg

まあ、濃いとは聞いていましたが、まさかこれほどとは(笑)
お味はといえば、コーヒーとは全く別のシロモノで、お汁粉のような豆の味です。

今日は下戸チームと一緒だったので、いつものピッチで飲めなかったのですが、
代わりにいつもは食べないデザートも食べたし、お腹はパンパン、大満足。
しかし何故にトルコ料理?と聞くと、二人とも「キミが食べたいって言うたがな!」(笑)
そうそう、先日愛読書の「おとなの週末」に載っていたトルコ行きツアーの体験レポ、
それを見てから無性にトルコモードだったのでした。すっかり忘れてましたわ、テヘ。
[PR]
by k_dino51 | 2006-03-31 00:39 | 外飲み
どんなに酔っ払っていても、どんなにお腹一杯でも、
もし時間が許すなら絶対に寄ってしまう所、それがおくだです。
こんなところにバーが?!な雑居ビルの中二階にひっそりと、
しかしいつも温かく酔っ払い二匹を受け入れてくれるのです。

スリ硝子のドアを恐る恐る開けると、
そこはオサレな今時のバーと対極をなす、クラシックな佇まい。
飴色に光る馬蹄形のカウンターがただ一つ、
そしていつもザワザワと、多くの呑んべえ達で賑わっています。

赤い唇がキュートなお父さん、
アイスダンス銀メダル、ベンジャミン・アゴスト似の息子さん、
和み系バーテンさんの三人で切り盛りしてます。
三人とも白い上っ張り姿で、まさに古き良き時代のバーって感じが素敵。

殆どが常連さんで、中にはお父さんとトランプしてるオジサマも。
最初は一瞬怯みますが(笑)、かろうじて見つけた空席に割り込んでみれば
お父さんのお陰でお隣さんとも和気藹々(^^)
もちろん1人静かに飲みたくても、二人でしっぽりいきたくても、
どちらも楽しめる懐のふかーーいお店なのです。

さて、運良く空席を見つけたら、まず頼むのはバルベニーのソーダ割り。
「濃い~ヤツにしてや!」のリクエストで出てくるのがこんなカンジ。
f0085185_21124153.jpg

お気に入りのアテ、今日はオイルサーディン♪
小ぶりのイワシちゃんがびっしりと枕を並べて討ち死にしております(笑)
f0085185_21165120.jpg

山椒が効いててちょっとジンジンするのがこれまた堪らんっ(><)
サンドイッチ用のパンをこんがりとトーストしたものを添えてもらうとこんなカンジ。
f0085185_21313388.jpg

f0085185_21193981.jpg

f0085185_21212494.jpg

くぅーーっ!ソーダ割りが進みますっ!グビッ!

大概はこの辺りで記憶がなくなり、喋り倒しの呂律もアヤシクなってきますが、
終電間近になるとちゃんとお父さんが追い出してくれるんで安心(笑)
最悪時間切れの時は飲み残しを引き取ってくれたりします(^^;;)

さて、その他アレコレあるお気に入りのアテはまた次回に・・・
[PR]
by k_dino51 | 2006-03-29 21:43 | 外飲み
先月に引き続き、金曜午後半休して東京へ。
今回はANAにしたんですが、セキュリティの厳しかったこと!
ピンポン鳴った犯人は皮ジャンだと思うのですが、
靴は脱がされるわ、嫁入り前なのにベルトは公衆の面前で外させられるわ。
あ~れ~、お代官様お許しを~(><)状態でした。

さて、ヤボ用を済ませた後は、わき目もふらず高円寺へレッツゴー!
本当はかの有名な「ちゃんこ谷」でつみれちゃんこを食したかったのですが、
ヤボ用を終えて高円寺に着いたのが10時前という事で、
ちゃんこ谷は外から匂いを嗅ぐだけで我慢して(笑)
今回は今マイブームの豚を味わいつくすべく豚豚へ♪

おおっ!いきなり焼酎の瓶が我々を歓迎してくれているではありませぬか!
f0085185_2153269.jpg

生をグビグビ、プハァ!とやりつつ、早速ポテサラ行きます!
f0085185_21543545.jpg

お次はモツ煮込み♪
f0085185_21553657.jpg

蒸し豚のワサビ醤油かけ。
ここで黒白波ロックへ・・・黒白波って黒いのか白いのかどっちやねん(笑)
f0085185_21562359.jpg

焼き物はまずコブクロ・・・すごい形状ですなぁ・・・
f0085185_2202014.jpg

タンナンコツと・・・チレ(脾臓)と・・・忘れた(笑)
f0085185_2262061.jpg

f0085185_2264243.jpg

豚トロ焼き~♪ネギ油と合う~(><)
f0085185_22201145.jpg

余りにも肉!肉!肉!なので反省して菜の花の辛し和えを
f0085185_22225388.jpg

この後黒糖梅酒、更に豚バラ焼きを頼んだのですが・・・
待てど暮らせど豚ちゃんが出てきません。
終電も迫ってきたので確認すると「あーっ!忘れてました」(笑)
普通、「今やってます」とか誤魔化したりするところ、なんて正直なんでしょう!
まあお腹も相当一杯だったんで、別にそれでも良かったんだけど、
平謝りの店員さん、お詫びのしるしにと500円割引券二枚と、
お好きな串サービス券を下さいました(^^)v
帰りには深々と頭を下げて外までお見送りしてくれるわで、とっても好印象♪ 
ますます高円寺が好きになってしまった一夜でした。
[PR]
by k_dino51 | 2006-03-27 22:37 | 外飲み
お気に入りだった会社近くのワインバー。
店長のS君が独立して新店をオープンしたと言うので、
早速お祝いがてらK嬢と駆けつけました。

オープンキッチンでとても明るい店内はなかなかいい感じです。
気が付けば次々訪れるお客さんは皆お祝い持参。
手ぶらで来たワタシ達ったら何て不調法なんでしょう・・・
しかたない、そこは大いに飲んで食べる事でお祝いの代わりにすることにして(笑)

シャンパンにしようか最初は白にしようかと思ったんですが、
やっぱりいつもの「濃い目の赤」に。
一本目はふくろうマークのキュベ・ミティークです。

お通し
f0085185_1940538.jpg

f0085185_19401846.jpg

鯛のあら炊きなんですが、煮汁とごぼうをそれぞれムース仕立てにしてあります。
鯛の身がプリプリしてます。なんだか日本酒が欲しいわ~(笑)

S君オススメのオードブル盛り合わせ
イタリアーンな感じのを想像してたんですが、何と超和テイスト!
f0085185_19415942.jpg

左から、桜鯛の手まり寿司キャビア添え、サヨリの昆布締め桜の花の塩漬け添え
真ん中にカプレーゼ、鶏ササミのお造りゴマ味噌乗せ
f0085185_19433485.jpg


そしてホタルイカ!生をさっと炙り、カプチーノ仕立てのソースで。
f0085185_19474980.jpg

トロトロチュルン!として絶品です。ホタルファンには堪りませんわ~(><)

うーん、どれも凝りに凝っていて目にも綺麗、勿論とっても美味しい。
しかし、どーにも赤ワインとはビミョー(笑)
日本酒持って来~い!ってカンジです。

次に野菜料理3品盛りを。全部で15種類くらいあって好きなのをチョイス。
新じゃがのポテトサラダ、茗荷の味噌添え、マコモダケのナムル。
f0085185_19512049.jpg

これもなんだか和テイストです。マコモダケはメンマみたいな食感で美味しかった♪
日本酒もいいけど、焼酎も合うかも←ワインバーだってば(笑)

ここで更に濃い目の2本目に突入しましたが、銘柄は失念。

メインは犬鳴豚のグリル、フキノトウ味噌添え
f0085185_1952494.jpg

モッチリと噛み応えがあり、旨味の濃い豚でした。
しかし最近色々なブランド豚を見かけますが、犬鳴は初めてです。
鳴き声が犬ににてるんでしょうね、きっと。
この日はS君超多忙だったので残念ながら薀蓄を聞けずでした。

10品目サラダ
f0085185_19533877.jpg


この後ポルチーニのクリームパスタを注文したのですが、
イタリアーンな味に飢えていたのか(笑)あっという間に完食して写真撮り忘れ。

ふぅー、お腹いっぱいです。ワインに合わないとかブーブー言いながらも、
2人で2本空けたら充分やろ、って感じですよね。

こんだけ飲み食いしたんだから当然まっすぐ帰る・・・ワケがない(笑)
お腹をさすりながら、2人はいつもの店目指してタクシーに乗り込んだのでした・・・
[PR]
by k_dino51 | 2006-03-25 20:22 | 外飲み
雨のぱらつく中、朝からLOFTへアクセサリー用の石を買いに行ってきました・・・が、
何を買うにしても事前に計画しないのがワタシのダメなトコロです。
あれもこれも欲しくなって大散財!
やっぱりスーツは諦めるか・・・ってそのうち買うに決まってるんですが(笑)

急いで帰宅するともうWBC決勝も大詰め。
王JAPANピーーンチ!(><)
しかし、イチローの値千金の一打を突破口に終に世界一に。
よっしゃぁぁ!と1人でガッツポーズしまくりです(笑)
トリノで不完全燃焼だった分、WBCで燃えさせてもらいましたわ~!

さて、祝杯もかねて今日も居酒屋メニューな晩御飯です。
f0085185_21473954.jpg

銀ダラの煮付け
f0085185_21494125.jpg

菜の花の辛し和え
f0085185_21483031.jpg

筍の木の芽味噌焼き
f0085185_2149642.jpg

これに昨日の残りのふきのとう味噌もつけて完成♪
お供は迷いに迷って地元の「一粒一善」、純米。
あれ?なんだか糠っぽい風味が鼻に抜けていきます。
うーん、これは久々の失敗かも(涙)
[PR]
最期の晩餐に何を食べる?と言われたら、迷わず鯖寿司と答えるでしょう。
それも酢で締めすぎてなくて、肉厚の身がピンク色のが特に好み♪
そんな逸品を探しにデパ地下へ・・・

おっとありました!背中がキラキラと光ってなんて綺麗なんでしょう。
次は定番の鶏軟骨。お値段手頃でコリコリとした噛み応えがお酒のアテに最高。
そして昨日鉄腕DASHで見たふきのとう味噌が美味しそうだったので、
食卓に春を、シリーズ第二弾として早速チャレンジしてみました♪
f0085185_15354656.jpg


まずは鯖寿司
f0085185_15333420.jpg

f0085185_15361231.jpg


軟骨は柚子胡椒風味で
f0085185_15363652.jpg


ふきのとう味噌
f0085185_15365335.jpg


実は大人になった蕗は滑りの悪い食感が苦手。
でもふきのとうは大好きなんです。
赤ちゃんのクセに、渋いようなほろ苦いようなオトナの味。
なんだか不思議ですよね(^^)
[PR]
三週間ぶりに鬼インストラクター復活。
始まって5分で脚はがくがく、床には汗の水溜。
45分のレッスンを終えるともはや放心状態・・・ああ、ビールが飲みたい。
そして帰りがけ本屋に寄ってみると、今月号のdancyuの表紙には
パリッと焦げ目の付いたギョーザが燦然と輝いているではありませんか!
おお、これこれ。今夜のメニューはギョーザに決定~♪

市販の皮は美味しくないから、と言う事でココのところ皮は手作り。
前回は水ギョーザだったけど、ムッチリモッチリ大成功でした。
ちょうどK嬢からギョーザの皮用の麺棒も貰ったことだし、
今日も皮から手作りするぞぉ~。
強力粉と薄力粉を適当に混ぜ、そこへまた水を適当にドボドボ。
前回は粉と水の配合も調べ、ちゃんと量って入れたけど、
今回はヒジョーに適当です。
しかし粉モノを侮ってはいけませんでした。
なんとも柔らかすぎるこの感触。丸く延ばせばビローンとなるし、
こりゃちょっと失敗カモ(涙)
オマケに薄く延ばしすぎてアンを包むのも悪戦苦闘。
出来上がりも巨大なサイズになってしまいました、トホホ。

f0085185_20334169.jpg

アンはもつ橋風に柚子胡椒を効かせてみました。ちょっと焼きが甘いけど、
噛めばジュワッと肉汁が溢れ出します♪

副菜は砂ズリと白葱の胡椒炒め。
f0085185_20261699.jpg


箸休めには胡瓜の甘酢漬け。
f0085185_20265534.jpg


お供はkasumixさまのトコロで紹介されてたサッポロ「畑の見えるビール」♪
f0085185_20274817.jpg


見た目はヘナチョコなギョーザでしたが、やっぱりビールと合うっ!
グビグビ、プハァ!と一気に飲んでしまいましたがな。
もう一本畑でいくか、やっと見つけた銀河でいくか。
迷っているうちにギョーザは終了。そげなーっ!
今度こそモッチモチのパッリパリな皮を成功させて
心ゆくまでビールを飲んでやるー!
[PR]
小雨そぼ降る寒い中、そろそろ春物でも、と阪急に行ってきました。
今年の春は白&マリン、と言うことでネイビーのパンツスーツを試着。
うーん、このところの暴飲暴食の祟りでしょうか、
ちょっと、いやかなりパツンパツン、ヤバくて外に出づらいわ。
しかし店員さん、容赦なくノックしてきます。
「いかがですかぁ~?」
覚悟を決めてフィッテングのドアを開けると・・・
「いやーーーっ!めっちゃカッコイイ~!ホント素敵ですよ!」
「ホントに!サイズもピッタリだし、ココまで着こしてる人ないですよ~!」
と店員さんが入れ替わり立ち代り絶賛、まさに褒め殺し(笑)
チッチッチッ、そんな超営業トークには騙されへんわよっ!
と思いつつもこのままでは財布を出してしまいそう。
ここは冷静にならなければ!
ひとまず売り場を離れ夕食の材料調達に。
野菜やらお酒やらで両手は塞がるわ、重いわで、
購買意欲はすっかり失せてくれました(ホッ)

その両手いっぱいの食材で作った夕食です。
冬のような寒さだったので、せめて食卓はちょっと春っぽく。
f0085185_2115370.jpg

菜の花とホタルイカの酢味噌和え
f0085185_21153775.jpg

鯛かぶら
f0085185_21163282.jpg

手羽元と里芋の煮っ転がし
f0085185_2117126.jpg

デザートも和テイスト。
限定50個、叶匠壽庵の和三盆ロール
f0085185_21253671.jpg

お供に選んだのは「加賀の月、純米大吟醸無濾過生原酒」。
シンプルなラベルのデザインが気に入ってのチョイスです。
ワタシの中では新潟のお酒は雪のようにサラサラで綺麗な後味、
石川のお酒はコクがあって味わい豊か、ってイメージなんですが、
これはまさにそんな感じで、大吟醸とは思えない(笑)
[PR]
先日来気になってたまらなかった立売堀の「もつ橋」へ。
このシンプルな看板、何かいいことありそうな予感がするではありませんか?
f0085185_21124194.jpg

しかしこの日は春の嵐、暴風雨であります。
斜め45度に傘を傾け、歯を食いしばって歩く姿は
八甲田山雪中行軍ならぬ四ツ橋雨中行軍。
会社から歩くこと10余分、ようやく辿り着いた時には
全員靴も服もずぶ濡れ、髪はボワボワ大爆発(涙)

さて難行苦行の果てにたどり着いたかのお店、
今流行のガールズバーよろしく、うら若き女性だけで切り盛りしておられます。

まずはビールでのどを潤しつつ、突き出しの揚げ餃子を。
f0085185_21395865.jpg

柚子胡椒がピリリと効いてビールに合いすぎ~(><)

次にこの店の看板メニュー、「だしモツ」をオーダー。
半熟玉子と豆腐をオプションでつけてみました。
原了郭の黒七味がたまりません(って写真には写ってへんし)
f0085185_2119197.jpg

鰻と麩の玉子とじ。優しい味です。
f0085185_21194476.jpg

この後、チャプチェ、スルメ天と進み、次はお決まりの軟骨揚げ♪
f0085185_21215452.jpg

プリプリホルモン炒め
f0085185_21225179.jpg

お皿に残った濃厚なタレがもったいなくて、ご飯入れてもらいました。
初めての店でやる行動とは思えないわっ!
次は鶏肝煮。ちょっとアッサリ目の味付け。
肝も好きだけど、一緒に煮てある心臓のシコシコ感がたまりません。
f0085185_21351252.jpg

次はスジコンだし巻き。
f0085185_21262542.jpg

後はサラダ、巨大な北海道真ほっけでおしまい♪
焼酎も芋を中心に結構色々置いてありました。
しかもロックは氷少なめ=焼酎多め。好感度高し、でした(^^)
実はモツ系ホルモン系苦手、レバーすらダメダメなコもいたんですが、
今回チャレンジしてすっかりホルモン教徒に。
ふふふ、また信者を増やしてやったわ(笑)

さてここで一次会はお開き。暴風雨の中、例によってワタシとK嬢だけが
さらなる美味美酒を求め、夜の街を徘徊したのでした・・・
[PR]
by k_dino51 | 2006-03-17 21:25 | 外飲み