秋明菊と大津祭。

まずまずのお天気に恵まれた三連休、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
ワタシはと言えば相も変わりませず飲んで、食べて、飲んで・・・の繰り返し(笑)
しかしそればっかりじゃあ、あんまりなので、今日はちょっと季節ネタをば。

まずは秘密の花園に咲いていた、美しい秋明菊(別名:貴船菊)。
f0085185_23205372.jpg

楚々とした佇まい、大好きな秋の花です(^^)

こちらは可憐に、ピンクの秋明菊の一群。
f0085185_23225493.jpg


これも大好きな桔梗・・・
f0085185_23232937.jpg

うーん、こちらはやや盛りを過ぎてますね(^^;;)

実はこの秘密の花園、今の住まいに入居して5年以上経った先月、
はじめてその存在に気づいたのでありました(うかつ過ぎ?!)
表玄関には洋花の花壇、裏玄関にはこんな侘びたステキな花壇。
丹精して下さっている管理の方々に、感謝感謝でございます(^^)

さて、本日10月12日は大津祭の本祭でした。
この方が前日の宵宮の模様をアップして下さったのを見て
スポーツジム&図書館の帰りに出かけてきました(^^)

残念ながら最寄駅の浜大津は既に通過した後だったのですが、
丁度昼休みと言う事で、全曳山が一斉に休憩中とか。
動いてなくてもまあいいや、と休憩所である中央大通りに行ってみると・・・
f0085185_23362268.jpg

おおー、ずらりと曳山が並んだ様は壮観です!

大津祭の曳山は、祇園祭の山鉾同様、ゴブラン織りや装飾金具で飾り立てられており、
その曳山一つ一つにカラクリがあるのが特徴です。
そのカラクリの題材は中国の故事や、能・狂言からとられています。

まずは毎年必ず先頭を行くことが決まっている曳山、「西行桜狸山」。
f0085185_23414621.jpg


お次は今回の目玉?!「源氏山」です(^^)
f0085185_23422285.jpg

曳山の主は勿論、紫式部。 アップでどうぞ♪
f0085185_23431282.jpg

う、うーん、何かコワヒ(爆)

曳山は全部で13基、そのなかでも絶対ワタシ的にハズせないのがこちら、「猩々山」。
f0085185_2347299.jpg

曳山の主はワタシ、じゃなくて猩々クン(笑) 
f0085185_23493222.jpg

ちょっとジャニーズ系?!(爆)

さて、お目当ての曳山も見たことだし、帰るとしましょうか。
しかし駅までの道すがら、通りかかった商店街に気になるお店が!
f0085185_23512882.jpg

「浅茅生」で有名な、平井商店です(^^)
何と創業330年!超のつく老舗なんですねー(@@)
和服姿がステキな女店主さんのおすすめで、浅茅生のひやおろしを購入。
じつはちま吉ラベルの純米酒と迷ったんですが(笑)
食中酒ならひやおろしを、と言う事で珍しくジャケ買いせず。 
この浅茅生ひやおろし、滋賀県特産の幻の酒造米「船渡6号」を使用したと言う貴重品。
早速今日の晩酌に頂きましたが、ウマー!でございました(^^)v

もしかしてこのまま、食べモノなしで終わるのか?!
いえいえ、やっぱりそれじゃ寂しいので(笑)ひとつだけ。
今日焼いた、オレンジブランデーケーキです(^^)
f0085185_23584656.jpg

一晩寝かした方がしっとりとして美味しいかと思い、今日はおあずけ。
さて、成功か?失敗か? それは明日のお楽しみ~♪
[PR]
by k_dino51 | 2008-10-12 23:55 | 街歩き