「ほっ」と。キャンペーン

史上最悪?! トホホなランチ。

今日も暑いですね・・・って毎日言うのもイヤになるほど(笑)
それでもやっぱり朝から街歩き。 だってどうしても食べたいものがあったんですもの・・・

それはさておき、本日はステキな頂き物をまずご紹介します(^^)

麗しの人妻エディター、ダイエットの達人、お伊勢参り愛好会東京本部長であらせられます
tohkoさまのブログ開設1周年記念プレゼント企画が先日ありまして、
ワタシ、何とそのプレゼントに当選しちゃったのであります!

頂いたのはこれ。
f0085185_1447382.jpg

北森 鴻著、"花の下にて春死なむ"。
おっ、と思わせる一品を出す、料理自慢のビアバー「香菜里屋」のマスターが解き明かす、
全六篇の連作ミステリーです(^^)
どのお話も、鍵を握るのは美味しい食べ物・・・と言うわけで、まるでワタシの為にあるような本なのです♪
それに添えられているのが、伊勢丹オリジナルブックカバー。常連さんにしか手に出来ない品だとか。
そして、オマケにと付けて下さったのが、資生堂パーラーの季節限定"桃のチーズケーキ"。
ピンクのパッケージがオサレで高級感ある~♪
では早速ですが、いただきまーす(^^)
f0085185_14554428.jpg

ネットリ濃厚なチーズクリームから、ふわーっと桃の甘い香り。 おいちっ!
f0085185_14562750.jpg


tohkoさま、ありがとうございましたっ!

さてさて、ここからは一転、トホホなオハナシです。

それは今週木曜日の事。
今日のランチ、あすこのカレーにしようか~?なんていいながら、オフィスをでてお目当てのカレー屋さんに向う途中、
前々から工事中だった、靭公園に面した角地という最高のロケーションのお店がOPENしてるのを発見!
エントランスもいいカンジだったので、試しに入ってみることにしました(^^)
f0085185_150356.jpg

選んだのは"牛テールと京野菜の絶品カレー"、900円也。
f0085185_15324123.jpg

カレーにしちゃ高いけど、何たって葵のご紋、京野菜だから仕方ない。 さあどんな京野菜が入ってるのかな?

お店に入ると、数人のスタッフから"ボンジョルノ!"の掛け声が。
あのー、今時その掛け声は如何なものかと思うんですけど・・・日本語でエエんちゃうの?
バブリーなその接客に、一抹の不安を感じつつも、案内された席はまるで公園の中にいるような気持ちよさ。
f0085185_1532411.jpg

ああ、もしかして先ほどの不安は杞憂だったかも?
しかし置いてある通常メニューを検分して、不安は更に募りました。
"飾りじゃないのよ"とか、安物の居酒屋みたいなキャッチフレーズの付いた料理たち。
これはもしかしてイタイ目にあうかも・・・

さて、待つこと暫し、先ずはミニサラダが来ました(^^)
しかし、先に手をつけた2人が盛んに首を傾げてます。 "これ、ドレッシングなしで食べるのかなぁ・・・"
うーん、もしやヘルシー路線でノードレッング? しかしテーブルには塩も胡椒も置いてない。
ポタージュを持ってきたスタッフに"ドレッシングなしですか?"と聞くと、"すみません!"と言うなりキッチンに下がり、
新たなサラダ3皿を持って来て、黙ってドレッシングなしを下げていきました。
結局掛け忘れと言うことでしょうけど、何で何の説明もないの?!

やっとカレーが来て、その後を追いかけて"ピクルス忘れてました!"と置かれたのがこれ。
f0085185_1593085.jpg

お、涼しげな切子のガラス器・・・と思って触ると、思いっきりプラスチックでした(笑)

ピクルスを置いたお兄さん、伝票を置いていったのでこれで揃ったようです。
ま、とにかく頂きましょうかね・・・
f0085185_15111514.jpg

まずはポタージュをゴクリ・・・???
色は黄色く、カボチャもしくはコーンと思われますが、ある程度ドロリとしてる割にどちらの味もナッシング。
しかも何故かもわーっと酸っぱい。 トマトが入ってる気配もなし。 この季節、酸味があるのは嬉しいけど、
この様子で酸味とはこれいかに? もしやミルクか生クリームが・・・ブルブル。考えるのは止めましょう(笑)

そして"牛テールと京野菜の絶品カレー"。
ルーを掘り起こしてみると、出てきた野菜はなんとこの2カケラだけ!
f0085185_15158100.jpg

100万歩譲って、奥の2cmx3cm程度の茄子のカケラが加茂茄子だとしましょう。
しかし手前の、同じく2cmx3cmのズッキーニは、たとえ京都で採れたものでも京野菜ちゃうやん!
しかも野菜がこの2カケだけってどゆこと?! 
この後底の底まで掘り起こして、唯一発見したのがブロッコリーの穂先、1cmx1cm程度のもの。
当然京野菜ではありません。 看板に偽りありまくり。 JAROに訴えてやるーーー(><)
しかもルーには大きな牛の骨が。 ガキッ!痛っ!危うく歯が折れるところでした(怒)

もったり小麦粉たっぷりのルーをご飯に絡め、とにかく完食しましたが、
確かメニューによると"ピッツァ"も付いてることになってたはず。
しかし既に伝票は置かれ、ピッツアの来る気配は一ミリもありません。
"やっぱりピッツアじゃなくてピクルスの読み間違えやったんかもしれんなー"と言いつつレジへ向いました。
しかし、レジカウンターの手前で、後ろから来ていたカップルの男性がズイッ!と我々を抜き去り、
"お前等ナメとんのか!責任者呼べ!"とスタッフに食って掛かり始めました(@@)な、何事ッ?!
カノジョが慌てて"もうやめとき・・"と言ったのも束の間、"何度店の人を呼んでも無視、目もあわさへん、
一体この店どうなってんのよ!"と、ダンナ?より激しく店員に詰め寄り始めました(笑)
どうやら、カレーについてるピッツアが来なかったので激怒しておられる様子。
ええー!やっぱりピッツア付いてたんや~!
"お客様、申し訳ございません。 本日のお代は結構ですので・・・"と謝る店員に、
"そんな事と言われると余計にムカ付くんじゃっ!"とお怒りは収まらない様子。
出て行くときも大声で"この店、終わっとんな!"と捨て台詞。
表で待ってた人たちも"何かあったんやろか・・・"と不安げな様子でした(^^;;)
さて、そしてワタシ達の番が漸く来たので、"あのー、やっぱりピッツアって付いてたんですか?来てないけど"と言うと、
"申し訳ございません、これで・・・"と100円の割引チケットを一人4枚ほど差し出してきました。
おいおい、さっきのオッチャンには無料で、ワタシらはこれかい!
"そんなの要りませんけど!"(怒)と言うと、では現金で後100円お返しします・・・と、
100円玉をチケットにつけようとします。
"結構です!"と受け取らずに店を出たのですが、それにしてもトホホ過ぎ。
サービスもトホホだけど、料理もトホホ。 さあ、このお店いつまで持つやら・・・
[PR]
by k_dino51 | 2007-08-11 15:42 | ランチ