絶品あなごめしの後は・・・広島編。

いやー、ぐっと冷え込んできましたねぇ(><)
大阪まで出てしまえばそうでもないけど、早朝の琵琶湖畔はサムイッ!
これから春まで、駅のホームで震えながら電車を待つ日々が続きます・・・

f0085185_2365929.gif


さて、誰も待ってないとは思いますが(^^;;)「宮島編」の続きです。

相変わらずパツンパツンのお腹をゆすりながらフェリーから降り、時計を見てどっひゃー!
これから広島で途中下車して、かつ日付が変わる前に家に着くために
絶対に乗らなければならないと言う電車の出発まで後数分しかありません、エライコッチャ!
お腹を押えながら地下道をひたすら走り、さあ改札だ切符きっぷキップ・・・なななな、ないっ!
ドッと冷や汗が出たその瞬間、後ろから来た作業服のオジさんが「これ、落とされたのでは?」と
切符を差しだしてくれました。
何と、余りに猛ダッシュした勢いで、バッグから大事な切符が飛び出てしまっていたのです(^^;;)
地獄に仏とはこの事、拝むようにお礼を言いつつまたまたダッシュで滑り込みセーフ!

このダッシュのお陰で、120%の満腹度が100%程度まで下がり、
広島駅に着いたころには「もしかしたらお茶くらい飲めるかも」程度に。(どんだけ満腹やねん?!)
しかしどんなに苦しくとも、広島に来てお好み焼きを食べずに帰るなどと言う罪は犯せません(爆)

悩む程の時間の余裕もなく、選んだのは駅ビルの「麗ちゃん」。
前回の広島旅の時に、matunyanさんがコメント欄で教えて下さったお店です(^^)

f0085185_2231246.jpg

4時前と言う中途半端な時間にもかかわらず、お店は地元の人で大賑わいです。

お茶も入らない状態でも、コレは入るんだなぁ(笑)
f0085185_22331296.jpg


それでは、お好み焼きが焼けるまでをパラパラ画像でお楽しみください(^^)
f0085185_22342256.jpg

f0085185_22343654.jpg

f0085185_22345258.jpg

f0085185_2235785.jpg

f0085185_22352244.jpg

f0085185_22353718.jpg

f0085185_22355344.jpg

f0085185_22361472.jpg

f0085185_22362625.jpg


さー、できたできた!お腹いっぱいでも食べるぞ~♪とお箸を割って待っていたら、
これはヨソのお客さんのでした(^^;;)

お待ちかね、ようやくワタシの注文したスペシャル(生イカ、生エビ入り)が焼き始められました(^^)
f0085185_22392072.jpg

丸く形成したお好み焼きはくるっとオムレツ状に折りたたまれ、食べやすいように切れ目をザクザク。
f0085185_22405615.jpg

初体験のカープソースをたっぷりと掛けて・・・
f0085185_22414116.jpg

お腹ハチきれそうだけど、頂きまぁーす♪
勿論二人で一枚をシェアでしょうって? まさか(爆)
Kちゃん、しっかりとチーズ入りのをオーダーしてましたよ(^^;;)



さて、パツンパツン度マックスで帰りの電車に乗り込み、
岡山で乗り換えてうつらうつらしているうち、やっとこさ姫路に到着です。
ここで新快速に乗り換え、日付が変わる1時間前には家に着く・・・ハズだったのですが何と!
時間が来ても一向に出発する気配がないっ!
ちょっとちょっとー、このきっぷは当日の24:00までで無効になるのよ、シンデレラの靴なのよ~と
イライラしながら待っていると、「架線にビニールが引っ掛かったので除去作業を行います」とのアナウンス。
えぇぇぇっ!早く早く~と焦るものの、1時間近くたってもまだ作業員が現場に到着せず(><)
このままだときっぷがパァ(電車の遅れで有効期限を超えた場合も無効)になる~!
と言う事で車掌さんに事情を説明して、日付が変わっても改札を出られる方法を考えてください!と詰め寄ると、
「この電車が遅れている事はJR西日本の誰もが知っているから、大丈夫日付が変わっても出られます」との事。
そうは言っても切符に何があってもダメと書いてあるのに、「絶対大丈夫」の一点張り。 
うぇぇぇん、絶対ヤバいって(涙)

結局電車は一時間以上遅れ、最寄駅に着いたのはとっくに日付が変わってからでした。
ドキドキしながら改札で「こ、この切符で出られます?」と恐る恐る差しだすと、
「どうぞ~♪」と爽やかな答えに拍子抜け(^^;;)

最後はドキドキハラハラだったけど、何とか無事に帰宅したのが一時前。
精神的な緊張感も解け、なんとなくコバラが空いたので(爆)、
買ってきたあなごちくわをアテに一杯二杯、あー、滲みるわぁ(笑)

そんなこんなで始発から最終までフル稼働しても疲れを知らない自分の体力に感謝しつつ、
いつしかふかーい眠りに就いたワタシなのでした・・・
[PR]
by k_dino51 | 2009-11-19 22:42 | 旅行