18きっぷで西東、第二ラウンドは金沢へ。

昨日の帰り、例によって扇子をフルパワーでパタパタさせながらホームで電車を待っていると、
急に左足の裏がむず痒くなってくるではありませんか!
しかもどんどん痒みを増してきて、数分後にはもはや痛いくらい痒い!
しかしサンダルを脱いで足の裏を見るわけにもいかず、とりあえず右足のつま先でポリポリ(笑)
その刺激で更に痒みは激しくなり、もう足摺状態で電車を待つこと数分。
やっと来た新快速に乗るや否や、足の裏をチェックしてビックリ。
なんと、土踏まずのあのアーチの隙間に入り込んだ蚊に刺されたのでした、ひー(><)
皆さんも経験があるかと思いますが、足の指、足の裏、そういうところを刺されると、
ヒッジョーに痒いですよね?! 
結局電車に乗っている間中痒みとの戦いは続き、
貴重な睡眠時間を一匹の蚊の為に奪われたのでした(涙)

さて。
18きっぷで西東シリーズ、今回は雨の金沢へ金沢日帰り旅です(^^)

まずは京都駅から、湖西レジャー号(実はただの新快速)に乗って敦賀まで。
めっちゃくちゃ冷房の効いた車内は、肉襦袢を着こんでいるのに震えるほどの寒さです(涙)
羽織るものもなく、バッグをお腹に乗せて冷えを防ぐのが精いっぱい、
敦賀まで2時間足らずですが、長かった~(><)
ここで北陸線とは4分の連絡。
以前は細長く狭いホームを必死のパッチで走ったものですが、
いつの間にやら真向かいに停車するようになっていました。
ダッシュに備えて先頭車両に移動し、ドアに貼りついて身構えていたワタシ、あほやん・・・

北陸線に乗ったら、またまた冷房がガンガン。
鳥肌でイボイボになりながら、耐えること3時間弱、ようやく金沢にとうちゃーく♪

早速バスに乗り、お目当ての場所へ。
そのお目当ての場所とはこちら、乙女寿司さんです(^^)
f0085185_222249100.jpg

ちょっと暖簾をくぐるのがはばかられるような、一軒家のたたずまいにビビリつつ引き戸を開けると、
大きなカウンターの前に女性の一人客が二組、ほっ・・・
おずおずと座り、さあお品書きをば、と見回してもないっ!
普通壁かカウンターの上あたりに掛けてあるネタの名札もない、ネタケースもない!
こ、これはどうすれば?!
途方に暮れて視線をさまよわせていると、「どうさしてもらいましょ?」とご主人。
「どうしたらいいんでしょう?」と思わず言いそうになってぐっと詰まると「お任せでいいですか?」と。
いくらですかとも聞けず、「は、ハイ!」(笑)
えーい、どうにでもなれいっ!と開き直ったところで、ビールを注文してほっと一息♪
f0085185_2223710.jpg

ちょっと余裕が出てきたので、お許しをもらって店内を激写してみました(笑)

引き戸を開けたところには、こんな風情のある蹲が。
f0085185_2225744.jpg


カウンターの中もとても清潔感があります(^^)
f0085185_22262490.jpg


漆黒に輝く輪島塗のつけ台、その向こうの木箱にネタが入っています。
f0085185_22284185.jpg

ご主人はなかなかの男前、そして小柄で可愛い奥さんは紺色の半被?ひっつめ髪、
ねじり鉢巻きとキリリとイナセで好感がもてます(^^)

さ、そろそろ最初のお寿司がきましたよ~♪

まずは甘エビ。 エメラルドグリーンの卵が乗っててえも言われぬ美しさ(^^)
f0085185_22314014.jpg

ねっとりとした甘さ、こりゃたまりません!

あら。九州で言うアラではなく、こちらのアラはスズキの仲間だそうです。
f0085185_22331079.jpg

ブリッと脂が乗ってて美味しい~!

ばい貝。 悲しいことにピンボケ・・
f0085185_2235839.jpg

こりっこりの身はほんのり甘みがあってウマウマ!

この後中トロヅケ、赤いか、鯵、〆サバ(絶品!)、塩ダレうに(これまた絶品!)、
蝦蛄、そして最後にアナゴで一通りお終いでした。
〆サバはほぼ生に近い締り具合、とろける様な脂がもう・・・
塩ダレウニもクリームのようにふわっとろっ。 口に入れた瞬間、溶けてなくなりました。
あなごは塩を振り、笹の葉に乗せて炭火で蒸し焼きにし、丁寧に丁寧に小骨を抜いた後、
青柚子の皮を散らして供されました。
ふわっふわの身にほのかに笹の香りが移って、これまたえも言われぬ美味しさ。
そして何をするにもとっても仕事が丁寧なのに感動でした(^^)
カウンターにはお醤油が置いてありますが、結局どのネタにも使うことなく、
すべてそのままで美味しくいただけたのにも感動!
お吸い物はアラのあら汁。
f0085185_22411227.jpg

まずは輪島塗のお椀の可愛さにキュン♪
蓋を開けると・・・
f0085185_22415961.jpg

いい香り~。 薄味で上品なあら汁でした(^^)

最後に〆サバをお代わりしてごちそうさま。
もちろんまだまだ食べられたんですけど、なんたってお値段がわからなかったので
たらふく食べる勇気がなくて(笑)
今回大体の料金もわかったので、次回(リピート決定!)はたらふく行ってみまーす♪

さ、雨はますます激しく降って来ましたが、めげずに次の目的地へGO!

その場所とは、新堅町商店街にある「ギャルリノワイヨ」さん。

町家を改装した店内には、選び抜かれたステキな陶器、ガラス、
そして手作りの革小物が置かれています(^^)
f0085185_2246915.jpg

アンティークな棚には、新田佳子さんのガラス器が。
f0085185_2247316.jpg

ここでは片口を購入。 予算の関係でお猪口は諦めたのですが、やはり買えばよかった・・・

さ、程よくお腹もこなれたところで(笑)次の目的地へGO!

その場所とは、「フルーツむらはた」。 お目当ては月替わりのパフェです(^^)
7月のパフェは水蜜桃、これ食べたかった~!でももしかしたら8月はマンゴーかも?!
なーんて思って出かけたのですが(実は違うと言う事前情報も得てましたが、一縷の望みを託して)、
メニューを開いて愕然・・・情報通り、コレでした(><)
f0085185_22502581.jpg

赤肉メロンパフェ、1,380円也。
昔はメロンなんて言ったら超高級フルーツで憧れたもんですが、
今は他にもっと美味しくて安いフルーツがあふれているので、メロンと言われても萌え度ゼロ。
でもここでチョコレートパフェと言うわけにもいかないので、勿論メロンパフェをオーダーです♪
f0085185_22534694.jpg


水蜜桃狙いのお客さんが次々ときて「桃のパフェ」「あ、それは昨日で終わりました」「えーーっ!」
てな会話があちこちから聞こえてきます(笑)
むらはたさん、来年の8月はマンゴーにしましょ、ね?ね?

この後は、全面改装なった近江町市場をぶらつきました。
f0085185_2302511.jpg

f0085185_23106.jpg

お魚も加賀野菜も果物もメチャ安!で欲しいものだらけだったけど、保冷バッグもないので泣く泣く断念。
次回は絶対持ってくるぞ!と心に誓いつつ、帰路に着きました。




手押し棒鮨で有名な、舟楽さんの「鯵の棒鮨」。

f0085185_230587.jpg


買ってきたばかりの新田さんのガラス片口に、丁子さんのガラス盃。
f0085185_2324243.jpg

何ともアーティスティックでキュートな名コンビですよね(^^)

そんなこんなで雨でも楽しかった金沢日帰りの旅。
次回の18きっぷは12月、再訪が楽しみです~♪
[PR]
by k_dino51 | 2009-08-13 22:19 | 旅行