ピーカンに紫陽花もいいもんだ~♪ @三室戸寺

今日は週に一度のお弁当の日。
女性社員は全員、会議室で思い思いにお弁当を食べるわけなんですが、
いつもなら外食から戻ってきた男性社員たちが和気あいあい?とTVを見たりしているのに
今日は何だか言い争う声が?!
女性社員が全員耳をダンボにして聞いてみると、
何と、営業課長と営業部長が猛烈な怒鳴りあいをしているでありませんか!
どうやら、前日休んでいた課長の仕事を部長が代わってやったのですが、
専門外だったためか、何やら重大な不手際をやらかしてしまったようなのです(T_T)
それを知った課長が厳しく部長を叱責(!)した為、部長も開き直っちゃってもうタイヘン!
「ハイハイ、私が悪うございました、ホナどうさしてもらったらいいんですか!」と
ちょっと小学生的な言い方にまた課長がカチンときて言い争いは泥沼化(^^;;)
周りは全員息をひそめて、重苦しい昼休みを過ごしたのでした・・・

さて、6月と言えば紫陽花。
京都に名所は数々あれど(笑)ワタシがまず選んだのが三室戸寺です。
残念ながら梅雨入りしてからずっとピーカンだったため、
紫陽花に風情を添える雨の雫は見られませんが、
晴れた日の紫陽花もそれなりにオツなもの、と言うわけで、朝早くから出かけてきました(^^)
前日に届いたばかりのマクロレンズをバッグに放り込み(い、いきなり?!)レッツおでかけ!

8時半の開門から1時間も経っていないのに、もはや結構な人出の山門前。
f0085185_21261146.jpg


500円払って山門をくぐると、紫陽花園が眼下に広がります(^^)
f0085185_21272857.jpg


まず迎えてくれたのはアナベル。 純白の花びら(実は萼)が花嫁を思わせますね♪
f0085185_21301990.jpg

紫陽花には雨と言いますが、アナベルには雨よりも晴れが似合う気がします(^^)

定番の青い紫陽花。
f0085185_2131574.jpg

ま、如何にも紫陽花って感じ?(笑)

ローズピンクの紫陽花。
f0085185_21325525.jpg

色と言い、日の当たり具合と言い、ブーゲンビリアを思わせるトロピカルさ!

ピンク~白のグラデーションが綺麗ですね~。
f0085185_213511.jpg

一色ベタの満開状態よりも、このくらいの8分咲きのほうが可愛くて好き♪

これはまだ5分咲きくらいでしょうか?
f0085185_2231885.jpg

ガクの先端だけを薄紅色に染めたその可憐さに、思わず寄り寄りでパチリ。

ブルー系もしかり。
f0085185_21365127.jpg


ちょっと趣向を変えてお庭など。
f0085185_21373938.jpg

陽に透けた葉がキラキラと輝いています(^^)

ピンク系紫陽花の小道。
f0085185_213972.jpg


ブルー系紫陽花の群生。
f0085185_21395577.jpg


ガクアジサイは和の風情。
f0085185_2141489.jpg


花びらに見えるのはガク、真ん中のツブツブが実は蕾なのです(^^)
f0085185_21435611.jpg

これは一輪だけ開花~♪
f0085185_21431068.jpg

王冠のようですね(^^)

さてここからがマクロワールド!

f0085185_2145683.jpg

五角形の蕾がパカッと開いたら、中から可愛いツノのような雄しべが♪
f0085185_2148596.jpg

どんどん咲いてきています~!

白から淡いブルーのグラデーションが涼しげ(^^)
f0085185_2146874.jpg

こちらは淡い紫のグラデーションがキレイですね。
f0085185_2149716.jpg



紫陽花の写真、もっと見たい!と言う花好きな方は、
写真ブログ「おでかけKiss」でお楽しみくださいませ(^^)




中村藤吉の本店です。
f0085185_21544975.jpg


ちょっと抹茶のスィーツでほっこりしようと暖簾をくぐったものの、
ティールームはすでに満席で、待っている人までいるではありませんか!
この後滋賀県北部まで足を延ばす予定だったので、ここでタイムロスするわけにもいかず、
泣く泣くお店を後にしました。

土間を上がったところにあるお店がとても素敵だったので、思わずパチリ♪
f0085185_21575337.jpg

宇治に住んでいた頃は、よくここへお茶を買いに来たものでした(^^)
おかみさんと世間話をしながらゆったりと頂くお茶と、サービスで出して下さる小菓子、
美味しかったなぁ~(^^)

さて、この後出かけたのは滋賀県は醒ヶ井。
そこで見た美しい花々は、後日お披露目、乞うご期待~!
[PR]
by k_dino51 | 2009-06-24 22:08 | 四季折々